雪道を運転するコツに関する記事

雪道運転で気を付けること~初心者ママが守りたい6つの事

雪道運転で気を付けること~初心者ママが守りたい6つの事

雪道運転には過信と油断は厳禁。念には念を入れて徹底した事前準備が大切です。ママが雪道を運転する前に必ず準備しておきたい物や、道路上での注意すべきポイントについてまとめました。これで、こしもの時にも慌てずに対処することができますよ。

ThuexeVipTOP  >  ライフスタイル  >  雪道運転で気を付けること~初心者ママが守りたい6つの事

雪道運転の心得~初めてでも困らない安全運転のコツ

「今日は雪が降っているから、外出は控えよう」と思っているところに、急な用事で車の運転が必要になったら、あなたはどうしますか。雪道を運転するのって、慣れていないとすごく怖いですよね。車の運転が初心者の人や、普段あまり運転していないママは不安でたまらないと思います。

運転をしなくてはいけないけど、スリップをしないようにするには、どうしたら良いのか分からない…そんな時のために、雪道運転の心得を知っておくことは大切です。いざという時のためにも、雪道運転のポイントや、雪道の危険ゾーンなどを知り、安全運転を心がけてください。

雪道運転で守る事6つ

雪が降らない地域に住んでいる人も、ごく稀に雪が降ったり、旅行先が雪国だったりすると、雪道の歩き方に注意しますよね。雪道運転をしなくてはならない事が出てきたら、もっと注意が必要です。雪道でも転ばずに歩くコツがあるように、雪道を安全に運転するコツもあります。もし、雪道を運転しなければいけない状況になっても、最低限守るべきことに注意して、お子さんとママの身の安全を確保しましょう。

1.ゆっくりと発進する

まず、車を発車させる場合は、ゆっくりと発進させることを心がけましょう。急発進してしまうと、路面が凍結していた場合、その場でタイヤが空回りしてしまいます。また、雪が積もっている状況でも同じで、雪にタイヤがとられてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.スピードを出さない

速度計とギアシフトノブ

雪道の場合、スピードを出してしまうと、ブレーキがうまくきかなくなったり、軽いカーブでも横滑りしたりする可能性があります。心がけることは、普段より1割引くらいのスピードで運転するということです。遅くてイライラするかもしれませんが、安全のためにスピードは出さないようにしましょう。

3.車間距離を大きくとる

いつもの感覚で車間距離をとってしまうと、前の車のブレーキランプが点灯してからブレーキを踏んだのでは、正直間に合いません。雪道はブレーキがかかりにくいため、車間距離を取っていないと、前の車に追突してしまいます。雪の日に一番多いのがこの追突事故です。車間距離はいつもの2倍~3倍の距離が目安となります。もし、自分が後ろの車に追突された場合でも、車間距離を取ってさえいれば、玉突き事故は防ぐことができます。

4.急ブレーキ・急ハンドルはやめる

雪道での急ブレーキ・急ハンドルは危険の一言に尽きます。急ブレーキ・急ハンドルをしてしまうと、雪でタイヤが滑り、車体が左右に振られて操作しづらくなります。最悪の場合、スピンしてしまうことも。ブレーキは、手前からゆっくりと、ハンドルを切る場合も、しっかり減速してからハンドルを切ることが大切です

5.ライトを点灯する

ライトを点灯する車のイラスト

吹雪いてしまった場合、視界がとても悪くなります。大雨の場合も同じですが、ライトを点灯することで、視界が少しは改善され、前の車との距離感もつかみやすくなります。このとき、暗闇と同じように、ハイビームにするとよく見えると思いがちですが、実際には雪で反射して見えづらくなってしまうので、ロービームの方が適切です。

6.無理な追い越しはしない

雪道での無理な追い越しは、絶対にやめましょう。雪道での急なハンドル操作と加速はスリップの危険が増してしまいます。できれば、通常の車線変更も極力避けるようにして下さい。中央線部分に雪が積もっていたり、轍(わだち)ができている場合もあるので、車線変更をすると、その雪でタイヤがスリップしてしまうかもしれません。