幼稚園の先生への手紙の文例に関する記事

幼稚園や保育園の先生への手紙の文例15!喜ばれる書き方

幼稚園や保育園の先生への手紙の文例15!喜ばれる書き方

幼稚園や保育園の先生に手紙を渡すときは、どんな書き方がいいのでしょう?結婚・出産・定年・転園・卒園と、ケースごとの先生が感動する手紙の書き方や文例と正しいマナー、子供が担任に手紙を書きたがるのは迷惑か、親がすべき配慮などを紹介します。

ThuexeVipTOP  >  子育て  >  幼稚園や保育園の先生への手紙の文例15!喜ばれる書き方

幼稚園や保育園の先生が結婚退職する際の手紙の書き方や文例3

幼稚園や保育園の担任の先生が結婚退職をするとき、贈る手紙に込めたいのは心からお祝いをする気持ちです。

ただし出産に対する考え方は一人一人違うので、あまり突っ込まないでおきましょう。おすすめの文例を参考に幸せを願う気持ちをストレートに表現してください。

「末永くお幸せに」でストレートに幸せを祈る気持ちを伝える!

幼稚園の先生の結婚を祝う手紙のメッセージ例文とペン

結婚退職をする先生への手紙に入れるべきなのは、幸せを願う言葉です。「おめでとう」のお礼や「ありがとう」の感謝の言葉に添えて、必ず一言添えましょう。

「末永くお幸せに」という表現はリズムがあって使いやすいのですが、丁寧にしたいなら「です・ます調」に変えて。先生や自分の年齢に応じたふさわしい言葉を使うことも忘れないでください。

結婚退職する幼稚園保育園の先生への文例1

〇〇先生、ご結婚おめでとうございます。
1年間、〇〇が大変お世話になりました。
これからは少しゆっくりできますね。
お二人の末永い幸せを、心よりお祈りしています。

「素敵な旦那様」は相手の顔や経歴を知らなくても使える!

さりげなく未来の旦那様への一言を先生への手紙に入れてもいいでしょう。近い距離感で親しくコミュニケーションができていた幼稚園あるいは保育園の先生に、少しくだけた文章を作りたいときにおすすめです。

ただし退職メッセージを贈る主体は、あくまでも先生。あまり突っ込んでパートナーとなる人の描写をするのは失礼に当たるので、気を付けてください。

結婚退職する幼稚園保育園の先生への文例2

〇〇先生へ
ご結婚おめでとうございます。
今までウチのやんちゃな息子のお世話を熱心に取り組んでいただき、ありがとうございました。
これからは素敵な旦那様を全力でサポートして、幸せを掴んでください。

「先生ならではの〇〇で」で先生の長所をヨイショして励ます!

書き出しで迷ったら、子供と接する先生を見ていた中で素敵だな、参考にしたいなと思った面を強調して、結婚生活に生かすよう励ましの言葉を入れましょう。

仕事を離れる不安は誰にでもあります。結婚生活でもこれからのスキルが生きることを教えてあげれば安心しますし、自分を理解してくれることに感動してくれます。

結婚退職する幼稚園保育園の先生への文例3

ご結婚、おめでとうございます。
いつもニコニコ笑顔で、全力で子供たちと向き合って指導をしてくれた〇〇先生。
これからも先生ならではの笑顔で、明るい家庭を作ってください。

幼稚園や保育園の先生が出産で休職や退職する場合の手紙の文例3

幼稚園や保育園の先生が出産のために園を離れる場合の手紙には、先輩ママの目線で書ける、ねぎらいの言葉を入れましょう。

ただし産休メッセージには赤ちゃんのことばかり書くと無用のプレッシャーを与えてしまいますので、あまり触れない方が無難です。

「お体をお大事に」で体をいたわる!

幼稚園の先生の出産退職や休職への手紙のメッセージ例文とペン

出産は体力・気力とも酷使する女性の大仕事ですから、手紙には健康をねぎらう気持ちを言葉にして入れましょう。

昔は母体の健康とひっくるめて、「元気な赤ちゃんを」というフレーズを使いましたが、最近はあまり喜ばれません。ちょっと丁寧にしたい場合は、「お体ご自愛ください」という表現がおすすめ。

出産休暇又は退職への文例その1

○○先生へ
今までありがとうございました。
出産まではまだ時間がありますが、どうかお身体をお大事にしてください。
無事にご出産されることを、家族一同心からお祈りしています。

「ゆっくり休んで」で女性ならではの優しさを示す!

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなるので、産前にゆっくりと休むことをアドバイスするのもおすすめです。

仕事を持っている女性にとって、産前のひとときは忙しさから解放される貴重なお休み。先生の指導で子供がどんなに成長したのかを一言添えて、お仕事の重圧から解き放ってあげましょう。

出産休暇又は退職への文例その2

◯〇先生のおかげで、毎朝泣いていた〇〇は幼稚園が大好きになりました。
出産に備えて、頑張りすぎずにゆっくり休んでください。
良いニュースが届くのをお待ちしています。

「また会えるのを心待ちに」で復職の希望をそっと後押し!

一時的な休職はもちろん、出産退職の場合は復職する可能性が充分にあるため、園での再会を期待する一言を入れてもいいでしょう。

ただし出産前の女性はデリケートなので、過度なプレッシャーを与えるのは好ましくありません。子供は先生が大好き、ママとして信頼できるなどの具体的なエピソードを入れることで、さりげなく背中を押してあげてください。

出産休暇又は退職への文例その3

念願の赤ちゃん、おめでとうございます。
○○先生のアドバイスは、いつも的確で参考になりました!
可愛い赤ちゃんとゆっくりと過ごしたら、また会えるのを心待ちにしています。

幼稚園や保育園の先生が定年退職する場合の手紙の文例3

幼稚園や保育園の先生が定年退職をするときに贈る手紙に込めたいのは、お礼とともに今までの苦労をねぎらう気持ちでしょう。

ついつい書いてしまいがちですが、後ろ向きの印象を与える「寂しい」や、「残念」などの言葉は控えめに。心からの感謝と、これからの人生を華やかにお祝いする気持ちがこもる文例をご紹介します。

「安心して任せられた」で信頼の気持ちを伝える!

幼稚園の先生の定年退職への手紙のメッセージ例文とペンを持つ手

幼稚園を定年退職する長年の経験がある先生への手紙には、いかに信頼できる良い先生であったかを書きましょう。大事な子供の指導を担ってくれたことに対する、尊敬の念が伝わります。

自分より年齢が上の先生に贈る手紙ですので、文体はくだけ過ぎず、丁寧な言葉を使うのが基本です。堅苦しさが気になるかもしれませんが、マナーは守りましょう。

定年退職する幼稚園保育園の先生への文例1

ご定年、本当におめでとうございます。
入園してから〇年間○○がお世話になりましたが、先生だからこそ安心してお任せできました。
丁寧なご指導、ありがとうございました。

「参考になった」で感謝の気持ちを表現する!

幼稚園や保育園の先生は子供だけでなくママ自身にもさまざまなアドバイスをしてくれますから、日頃の感謝の気持ちも手紙に織り込みましょう。

書き出しに実際のエピソードを入れるとグッと親近感がわき、最後に「自分ももっと頑張ります」という内容を加えることで、「このママと知り合えてよかった」と思ってもらえます。

定年退職する幼稚園保育園の先生への文例2

〇〇先生へ
ご退職、おめでとうございます。
先生には娘の〇〇以上に、私の方がお世話になりました。
第二子を出産したあとに〇〇が赤ちゃん返りしてイライラしていた時に、優しい言葉をかけていただいたこと、忘れません。
私も先生のように、包容力のあるお母さんになれるよう頑張ります!
先生もお元気で、これまで以上に元気で充実した日々を過ごされるよう、心から心からお祈り申し上げます。

「ますますのご活躍を」で第2の人生のお祝いを!

幼稚園を定年退職した後も先生の人生はまだまだ続きますから、仕事を辞めた後にゆっくり楽しむよう、再出発をお祝いする一言をぜひ手紙に入れてください。

悠々自適にいろいろなことをしたいと期待に胸を膨らませている先生がいる一方で、仕事を離れる一抹の寂しさを感じる人も多いので、良い励ましになります。

定年退職する幼稚園保育園の先生への文例3

長年のお勤め、おつかれさまでした。
これから第2の人生のスタートを切る、〇〇先生。
ますますのご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
いつもの粘り強さで、これまで以上に元気で充実した日々をお過ごしください。

子供を転園させる場合!幼稚園や保育園の先生への手紙の文例

笑顔でピアノを弾く幼稚園の先生

転勤や自己都合で子供を別の幼稚園や保育園に転園させるときに先生に贈る手紙には、今までのお世話をしてもらった感謝の気持ちを伝えれば充分。

転園の理由はさまざまですが、最後は難しいことは書かない方が丸く収まります。次のような文例を参考に、ポジティブな言葉を選んで書き出しましょう。

「いままでありがとう」で先生に親愛の情を示す!

急なお別れを迎える場合は先生としても心が残りますので、できるだけ親愛の情を込めましょう。いままでお世話になった点や、子供がどんなところを慕っているのかも織り込むのがポイント

書き出しに具体的なエピソードを入れ、子供が成長できたのは先生のおかげとお礼に結びつけるときれいにまとまります。

転園する時の幼稚園保育園の先生への文例1

短い間でしたが、いままでありがとうございました。
楽しかったプールや、力を合わせて頑張った運動会など、思い出は尽きません。
先生もみんなも、どうぞお元気で!

「新しい園でもがんばる」の意欲で安心させる!

幼稚園や保育園の先生を安心させるために、新しい園で過ごす意欲を手紙に入れるのもおすすめです。簡単にこれから住む場所の説明をしておくといいでしょう。

新しい園に行くことが待ちきれないという内容にするのではなく、幼稚園を転園することへの不安を少し感じているという内容のほうが、良い印象を残せます。

転園する時の幼稚園保育園の先生への文例2

〇〇先生へ
短い間でしたが、お世話になりました。
全く知らない場所に行くのは親子ともども不安ですが、新しい園でもがんばります。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

「また遊びに行きます」で良好な関係を築く!

子供を転園させるときに担任の先生に渡す手紙の定番は、また会いたいという一言です。転勤など場合は何年かして同じ園に戻ってくる可能性がありますので、良好な関係を築いておきましょう。

未来に何が起こるかは予測できませんから、「またいつか」の一言を入れておくだけで、感じの良い手紙になります

転園する時の幼稚園保育園の先生への文例3

〇年間、〇〇がお世話になりました。
年度途中で転園するのは残念なのですが、機会がありましたら〇〇ともどもまた遊びに行きたいと思います。
他のお母さん達にも、よろしくお伝えください。

子供が卒園する場合!幼稚園や保育園の先生への手紙の文例

卒園する際に幼稚園や保育園の担任の先生に贈る手紙は、パパやママにとっても最後のお手紙です。子供がお世話になったお礼の気持ちを伝えるとともに、先生をホロリとさせる、感動を誘う手紙を送りましょう。

「成長しました」で親としての感動を伝える!

幼稚園の先生に卒園の時に渡す手紙のメッセージ例文とペンを持つ手

幼稚園や保育園の先生はパパやママに次いで子供の姿を見守ってきたので、成長を知ることは大きな喜びです。

手紙の書き出し部分に具体的なエピソードを入れて、先生のおかげでこんなことができるようになった、大きく成長したという内容でまとめましょう。パパやママのストレートな感謝の気持ちや、お礼の心が伝わります。

卒園する時の幼稚園保育園の先生への文例1

逆上がりができなくて、いつも泣いていた〇〇。
〇〇先生が夕方まで一緒に練習してくれたので、いつの間にか逆上がりができるようになり、心も体も大きく成長しました。
〇年間、本当にありがとうございました。

「大好き」で楽しかった思い出をアピールする!

先生に贈る手紙の中に幼稚園や保育園で印象に残った出来事や、子供と先生の触れ合いの一コマを入れると、先生も子供の成長をたどって喜びを実感できます。

逆に先生が知りえない家庭での子供の様子を描くことで、子供がどんなに先生のことを好きだったのかを伝えるのもいいでしょう。

卒園する時の幼稚園保育園の先生への文例2

楽しい年長さんの1年間を、ありがとうございました。
実は息子は前々から○○先生のことが大好きで、年長のクラス替えの時に担任だとわかると大喜び!
朝グズって困っても、「先生が待っているよ」の一言でニコニコと用意をしてくれるようになったので、とても助かりました。

「小学生になっても」で感動の涙を誘う!

幼稚園や保育園は自宅近くにあることが多く、兄弟が在園している場合は卒園後も顔を出す機会がありますから、小学生になっても成長を見守ってほしい旨も先生への手紙に織り込みましょう。

先生にとっても手塩にかけた子供は愛しく、離れがたいもの。実際に運動会などのイベントの際に子供たちが園に顔を出すと、とても喜んでもらえます。

卒園する時の幼稚園保育園の先生への文例3

○○先生には〇〇にたくさんの愛情を注いでいただき、ありがとうございました。
私が育児や仕事で悩んでいるときも、親身に相談に乗っていただきました。
先生に支えられて、親子でようやく卒園の日を迎えます。
小学校への行きかえりには青いランドセルを背負って園の前を通りますので、小学生になっても〇〇のことを暖かく見守っていただけたら幸いです。

幼稚園や保育園の先生には失礼のない手紙を!注意すべき4つのマナー

幼稚園や保育園の先生に手紙を書くときの注意点

どんなに親しくしていても幼稚園や保育園の先生はあくまでも「指導者」ですから、次のような手紙のマナーを守ることが大事です。

手紙の場合は声や表情で細かいニュアンスが伝わりにくく、思わぬ誤解を与えがち。先生がたくさんの生徒を担当していることもわきまえて、失礼にならないよう配慮しましょう。

メモにはクラスとフルネームを書く

幼稚園や保育園によっては連絡帳がなく、必要に応じて手紙やメモで担任の先生に申し渡しをするケースもありますが、必ずクラス名と子供のフルネームを用紙に明記しましょう。

先生は何人もの子供を担当していますし、同じような名前が多いので、名字や呼び名ではだれのメモかわかりません。

連絡が確実に引き継げないとトラブルが起きやすく、時間がかかって子供のお世話に支障が出てしまうので、注意してください。

年賀状への宛名は「先生様」にしない

幼稚園や保育園から子供宛に届いた年賀状の返事は、子供が書きたがったら園の住所に送るのが基本です。個人情報の関係もありますので、無理に先生の住所を聞き出すことはやめましょう。

年賀状の書き方には意外と知られていないルールもありますが、宛名書きは園の名称と併記して、「〇〇先生」と名字をかくのが一般的。丁寧なようでも、宛名に「〇〇先生 様」と書くのは誤用です。「先生」は教育関係者などに対する敬称ですので、宛名に「様」を重ねる必要はありません。

年賀状を書かない場合は一言お礼を添える

新年のあいさつに在園児に年賀状を送る幼稚園や保育園は多いのですが、子供が小さすぎる、子供が年賀状を書きたがらない場合は、無理に返事を出す必要はありません。

ただし新年があけたときの連絡帳や先生と顔を合わせた際にでも、「年賀状をいただき、ありがとうございました」と一言お礼を伝えるのがマナーです。

退園後に以前担任だった先生が年賀状を送ってくれる場合は、喪中でなければ子供に返事を書かせて、近況を知らせると喜ばれます。

園やPTAの方針に従う

子供同士のお手紙交換を禁止している幼稚園や保育園もありますが、園と家庭双方の負担をなくすために、年賀状などを出さない方針の園もあります。保育園の場合は松が明ける前に保育が始まるため、必要がないとPTAで統一しているケースも。

年賀状を出さないよう通知されている場合は、ルールに従いましょう。不幸ごとがあって、年賀状を極力受け取りたくない先生もいるかもしれません。

子供がどうしても年賀状を出したいと言い張る場合は年賀状という形式をとらずに、メモ用紙や便せんにお手紙を書いて、お休み明けに子供から渡させるといいでしょう。

幼稚園や保育園の先生に子供が手紙を書きたがるけど迷惑?

幼稚園の先生に手紙を渡す園児の手

退職や卒園、進級などのイベントのある時だけでなく、子供が幼稚園や保育園の先生に手紙を書きたがることは結構あります。

お友達の中の一人が手紙を書きはじめると真似をし、競いあってトラブルになりがちなので、パパやママが上手に対処をしてください。

迷惑じゃない!喜んでくれる先生はとても多い

幼稚園や保育園の先生は忙しいため、個別に手紙を出すのは迷惑だと考えるパパやママは多いのですが、決して迷惑ではありません。

喜んで受け取ってくれる先生はとても多いですし、子供への文字指導が順調に進んでいるか、確認できるというメリットもあります。

シールなどのプレゼントは控えて!手紙だけで十分

大好きな先生と自分のお気に入りのシールを共有したいと考える子供も多いのですが、これはNG。贈り物へのエスカレートや、子供同士、親同士のトラブルを招くリスクもあります。

子供が手紙を楽しむことは悪いことではありませんが、手紙では言葉で気持ちを伝えることが大事だと教えてあげてください。

頻繁にではお互いに負担が大きい!季節のあいさつ程度がベスト

幼稚園や保育園の連絡帳であればまだしも、毎日毎日子供が手紙を送るのでは、先生にも子供にもお互いに負担になります。

子供が手紙を書きたがっても、年賀状や夏休み中の暑中見舞いなどの季節のあいさつ程度で十分。ほどよい距離感も手紙のマナーであることを、子供に教えておきましょう。

お返事がもらえないことも!気にする子供にはママはフォローを

幼稚園や保育園の先生に個別に手紙を送っても、お返事をもらえないことがあります。担任を持っている先生は忙しいですし、たくさんの子供から手紙を受け取るので無理もありません。

ガッカリする子も多いので、必ず返事が来るわけではないことを書く前にパパやママが説明をしてあげてください。手紙はあくまでも相手を喜ばせるもの、書くことで自分が楽しむものだと教えておくのがベストです。

パパやママが確認して一言添えるのがおすすめ

子供が書いた手紙はパパやママがチェックしてから出すことをおすすめします。子供が手紙を書きたいのは幼稚園や保育園の先生が大好きだからですが、子供はときに思わぬことを手紙に書いて嫌な思いをさせたり、困らせたりすることがあります

子供によっては「見ないで!」と言うかもしれませんが、「ママもお手紙で先生に挨拶をしたいから」と、あらかじめ説明して納得させておくといいでしょう。

卒園時はクラス全員からの寄せ書きが一般的!手紙は周囲の目に配慮して

幼稚園や保育園の先生とのお別れの際は、そのクラスの保護者代表の人が主導して寄せ書きを作って贈るのが一般的です。

色紙への寄せ書きの作り方は簡単ですが一言ずつしか書けませんので、感謝の気持ちを伝えきれないママも多いでしょう。そのような場合は個別に先生への手紙を用意すると、幼稚園や保育園の先生にも喜んでもらえます。

ただし渡す際は周囲のママや園児からスタンドプレイととられないように、周囲への配慮を忘れずに行いましょう。

この記事を書いたライター
羽根田るみこ

羽根田るみこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!

www.xn--e1agzba9f.com

www.honda.ua

http://etalon.com.ua/chai