子供のズボンの穴の補修方法に関する記事

子供のズボンの穴を補修!デニムやジャージの上手い直し方

『子供のズボンの穴を補修!デニムやジャージの上手い直し方』

子供のズボン穴の補修はミシンだけでなく手縫いや糸と針を使わない方法など色々あります。外出先での応急措置や基本の補修方法、ワッペンの縫い方や補修した穴をかわいくアレンジする直し方などをご紹介しますので、お金をかけずにおしゃれを楽しみましょう。

ThuexeVipTOP  >  子育て  >  子供のズボンの穴を補修!デニムやジャージの上手い直し方

子供のズボンの穴を手軽に補修!デニムやジャージの上手な直し方

穴を補修した子供のズボン3種類

子供のズボン穴の補修方法を知っておくと、歩き始めてから大人になるまで長い間とても助かります。子供が小さいうちは「安いズボンだし、すぐサイズアウトするから買いかえればいい」と思うママもいるでしょうが、子供が幼稚園や小学校に入学する頃になると、そうはいきません。

子供もおしゃれに目覚めてきますので、買ったばかりのブランド物のデニムやジャージを着たがることもありますし、幼稚園や少年団、その他スポーツ系の習い事や学校で指定ジャージを着なければならないことも。

1回の着用でいきなりズボンのひざ部分に穴をあけてくることもありますが、高価なのですぐに買い替えるわけにもいきません。

子供のズボンの穴はほとんどがひざですが、補修方法を知っておくと他は綺麗なのにどうしても取れないシミを隠すのにも役立ちます。ぜひ子供が歩き始めたらミシンを使わない縫い方や縫わずに補修する方法と共に知っておきましょう。

子育て4コマ漫画:子供のズボン穴の補修のつもりがリメイクに!

子供のズボン穴の補修の子育て4コマ漫画

子供のズボンの小さな穴の補修方法~ごく簡単な応急処置

子供のズボンにあいたごく小さな穴は、手縫いでかがり縫いをするだけでごく簡単に補修できます。
この直し方だと多少布が引きつりますが、穴をそれ以上広げないための応急措置になりますので、外出先などでも手軽に修復できる方法として知っておくと便利です。

はかがり縫い中の子供のズボンの穴
  1. ズボンを裏返し、穴が空いた部分を半分に折る
  2. 端からかがり縫いをする

ズボンの穴が端の縫い目近くの場合はそれほど目立たないのでそのまま履き続けてもよいのですが、ひきつりが気になる場合は子供が気に入るワッペンなどを上から縫い付けて、穴を隠してあげてもよいでしょう。

子供のズボンの大きな穴の補修方法~ジャージにも使える基本の直し方

補修した子供のズボンの穴

子供が日頃から履いているデニムやジャージなどのズボンは、特にひざの部分に大きな穴があいてしまうことがよくあります。次は当て布を使った基本の補修を見ていきましょう。この直し方をしておくとズボン破れした部分が丈夫になり、穴があきにくくなります。

ズボンの穴より少し大きめの当て布を用意する

子供のズボンに穴があいたら、同じ素材の布を穴より少し大きめにカットして当て布にします。
スポーツブランドのジャージや制服のズボンなどを購入すると必ず当て布がついてきますので、捨てないで保管しておきましょう。

また小さくなって処分するジャージやデニムのズボンは、日頃からあとで当て布として使えるように、痛みが少ない太ももやひざ下部分の布を10cm×30cmくらいにカットして保管しておくのもおすすめです。

もし穴があいた子供のズボンと同じ素材の布が手元に入らない場合は、似たような色や素材の当て布を準備して使いましょう。100均やネットでも購入できますので、それを当てて補修してもいいですし、似たような色や素材の布がご家庭にあれば代用することもできます。

裏返したズボンの穴に当て布をとめる

子供の穴の開いたズボンを裏返し、裏側から穴のあいた部分に当て布をかぶせてとめます。当て布は待ち針でとめてもいいのですが、布用のスプレーボンドや両面接着芯を使うと一番綺麗にできます。

この時、ズボンの穴の部分の布をキチンと伸ばして元の形に整えてから、ズボンと当て布の生地の目の向きが合っているかを確認してからとめてください。生地の目を揃えた方が、より穴が目立たずきれいに補修することができます。

ズボンを表にして穴をジグザグ縫いする

子供のズボンの穴をジグザグに縫ったイラスト

ズボンを表に返したら、ズボンと同じ色の糸を使って穴があいた部分を細かくジグザグに縫っていきます。ミシンを使う場合は返し縫い機能を使うと、穴の上をジグザグに縫いやすいです。

またミシンを使う場合は筒縫い用フリーアームテーブルにズボンを通し、手縫いの場合はズボンの筒部分に手を入れて、下の布を当て布と一緒に縫い合わせないように十分注意してください。誤って縫い合わせると履けなくなります。

縫わなくてもズボン破れは修理できる!便利な100均の補修用あて布

100均の手芸用品コーナーには便利な「補修用あて布」や「布用接着剤」が売られています。これを使えばミシンや手縫いで縫わなくても、アイロンで接着してズボンの穴を補修できます。

ただし何度も洗濯するうちに、当て布の端の接着面が剥がれてくることがありますので、膝など負担がかかる部分は接着した後に穴の部分を縫って補強すると良いでしょう。

ズボンの穴の補修にはかわいいアレンジを!子供が喜ぶワッペンの縫い方

子供のズボン穴の補修にワッペンやアップリケを利用すると、穴があく前とは雰囲気が変っておしゃれなデザインやかわいいデザインに変身します。

ワッペンはわざわざ買ってこなくても、サイズアウトしたTシャツなどから切り取って使えますので、日頃からズボンの穴の補修など子供服のリメイクに活用するために集めておきましょう。

穴をふさいだ子供のズボンにワッペンを仮止めする

ワッペンやアップリケはそのまま縫いつけると作業中に位置がずれてしまうことがありますので、必ず仮止めをしましょう。待ち針を使ってもいいのですが、できれば中心部分に一番ずれにくい布用接着剤を使ってワッペンを仮止めするのがおすすめ。

布用接着剤がない場合はセロテープを輪にしても使えますが、セロテープを使う場合は半分くらい縫った時に必ず外してください。

またアイロンで接着するタイプのワッペンを使う場合は、必ずズボンにワッペンの端を縫いつける前にアイロンで接着しておきましょう。

ズボンの穴を補修した部分につけるワッペンの端の縫い方

ブランケットステッチ、縦まつり縫い、バックステッチの図解

ワッペンの縫い方は図のようなブランケットステッチ、縦まつり縫い、バックステッチがかわいくておすすめです。デザインに合わせて好きな縫い方をしましょう。

アイロンで接着するタイプのワッペンなら強度があるので大きな縫い目でも大丈夫です。ただし膝など屈伸があり負担のかかる部分にワッペンをつける場合は、小さめの縫い目で縫うとほつれにくくなりって良いでしょう。

ミシンを使いフチを目立たせたく無い場合は、ワッペンのフチに近い色の糸か透明な糸を使い、ジグザグステッチやブラインドステッチを選んで縫います。逆に縫い目を目立たせたい場合は、糸の色を変え、サテンステッチやブランケットステッチなどお好みのステッチを使いましょう。

子供が喜ぶデザインにズボンの穴を補修するアイデア

ワッペン以外の余り布や小物をズボンの穴の補修に利用して、子供が喜ぶデザインにアレンジすることができます。
サンプルになるアイデアをご紹介していきますので、普段そのズボンに合わせている服のイメージともマッチするデザインに仕上げると、服の組み合わせも楽ですし、より子供がよりおしゃれを楽しめます。

パッチワーク風に布を組み合わせて飾る

家にあるあまり布だけでなく、タグやレース、チロリアンテープ等のリボンを組み合わせても、子供が喜ぶかわいいズボン穴の修復ができます。

布の組み合わせに迷ったら、同系色にするとまとめやすいでしょう。無地ならカラフルにしたり、なみ縫いなどで模様を描いたりしても素敵です。

フェルトやあまり布地でアップリケ

パッチワーク風に穴を補修した子供のズボン

家にある余った布やフェルトでアップリケを作ってズボンの穴を補修する場合は、スパンコールやボタン、ビーズなどを組み合わせるとクオリティがあがり子供が喜びます。また動物などは顔を付けずにシルエットにすると失敗なく簡単にできます。

もし手縫いでアップリケをする時に布の端のほつれが気になる場合は、一回り大きく布を切って、丸くなっている部分は縦に切れ目を入れ、四角の角は折りやすいように少し落としてから、裏側に折り込んでアイロンをかけておきましょう。

目立つ色の糸で縫い小さなモチーフと組み合わせる

穴を目立つ糸と小さなモチーフで補修した子供のズボン

小さなズボン穴やちょっとしたシミの補修におすすめのアイデアです。あえて目立つ色の糸で縦と横になみ縫いし、毛糸の小花モチーフを縫い付けました。縫い糸は2~3色使うとかわいいです。

縫うときはザクザクなみ縫いするだけで大丈夫。縫い目が揃わなくてもラフな感じで可愛いです。しかも沢山縫うとその分丈夫になります。

写真のように縦と横になみ縫いしても良いし、縦だけ、横だけ、ジグザグや渦巻、星型など模様を描くように自由に縫ってみましょう。

小さなモチーフをズボン穴とその他の場所にまばらにつける

小さいモチーフを使ったズボンの補修アイデアのイラスト

ワッペンやリボン、スパンコールなどをズボンの穴を補修する部分だけでなく、他の部分にもバランス良く付けるようにすると不自然にならず、お洒落に仕上がります。

  • ワッペンを何種類か組み合わせて
  • 女の子なら手芸用のリボンを付けて
  • 色んな大きさや色のボタンをいくつかバランス良く付けて
  • スパンコール、ビーズ、ラインストーン等をリボンやワッペンなどのアクセントに使うと100均のワッペンも豪華に!
  • フェルトの上にステッチを入れて
  • 小花やテントウムシなど刺繍、または別布に刺繍したものを付ける

こうした子供のズボン穴などちょっとした衣服の修復に使える小物は、日頃から、サイズアウトした子供服から外して保管しておくとよいでしょう。

ただしひざやおしりに穴があいた場合は、転んだ時に硬いものがあたるとケガの原因になります。ボタンなど硬い小物で子供のズボンの穴を補修することはやめましょう。おしゃれなボタンなどは転んでも地面にぶつからない場所の飾りに使ってください。

その他の子供のズボン穴の補修アイデア

その他のズボンの補修アイデアの図解

小さい頃はワッペンでもいいのですが、少しおおきくなって華やかな服が苦手になった女の子や男の子のズボンの穴の補修には、古着をリメイクに使って穴を補修しつつおしゃれにアレンジをしてみましょう。

  1. ズボンの膝の部分を丸ごとチェンジ
  2. デニムなら裏地に目立つ色の布を使ってもお洒落です
  3. ジーパンにはデニム地のアップリケ
  4. 花や車、キャラクターの部分を切り取り、あえてデニムなどにアップリケ
  5. 別の服についていたポケットを付ける

サイズアウトした子供のズボンを筒型にカットし、穴があいた部分の上と下を切って入れ替えて縫い合わせれば、おしゃれな膝切り替えズボンに早変わり。

また最近はデニムにわざと穴をあけてほつれを作り、違う色の布を裏打ちしたジーパンも販売されていますので、わざと当て布に派手な布を当てるのもおしゃれ。当て布と同じ色の糸で穴の外側に刺繍をしてあげれば、よりおしゃれに子供のズボン穴を補修できます。

着られなくなった子供服のポケットをワッペンのように切り取って縫いつけるだけでも、一風変わったかなりおしゃれなジーパンになります。

子供服はリメイクしなきゃ損!ズボン穴の補修はお金をかけずに

子供がズボンに穴をあけるのは子育て中の家庭ではよくあること。特に男の子を育てていると、おろしたてのズボンに穴があくこともよくあり口うるさくなってしまいますが、活発に遊ぶことは子供の仕事の一つでもあります。

だからこそママは子供のズボン穴補修の達人になって。何より子供がズボンに穴をあけてもイライラせずにすみますし、浮いたお金を自分や家族の楽しみに使うことだってできます。子育て中はお金をかけずに子供のおしゃれも楽しみたい!それならサイズアウトした子供服を、お金をかけずおしゃれにリメイクしてしまえばいいのです。

サイズアウトした子供服を使えば子供のズボン穴の補修以外にも、ヘアアクセやペンケース、ハンカチちり紙を入れるポケットポーチを作ることだってできます。ぜひ子供服は捨てずにリメイクに活用してください。

この記事を書いたライター
叶野環

叶野環

クラフト、手芸、工作を子供と楽しんでいる2児のママです。子育てに役立つプチプラで簡単な手作りアイデアを提供します!