妊婦の喉の痛みのやわらげ方に関する記事

妊婦の喉の痛みへのホームケア!不快を和らげる安全な方法

妊婦の喉の痛みへのホームケア!不快を和らげる安全な方法

妊婦の喉の痛みは咳や鼻水などがなくても妊娠初期だと起こることがあります。先輩ママ達はどうやって辛い痛みを和らげたのでしょう?妊娠中におすすめのホームケアの方法や先輩ママが実践した方法を紹介。自力で安全に対処しましょう。

ThuexeVipTOP  >  出産  >  妊婦の喉の痛みへのホームケア!不快を和らげる安全な方法

妊婦の喉の痛みはホームケアで和らげよう!先輩ママのおすすめ対処法

喉が痛くておさえている妊婦さん

妊娠中は体の抵抗力が落ちやすく、風邪をひきやすいものです。咳、鼻水、そして喉の痛みなど、「これ、マズイかも…!」と異変を感じ、いつもならすぐに薬を服用するような場面でも、今は赤ちゃんへの影響を考えて、躊躇してしまいますよね。
また、風邪とは別に、妊娠初期の特徴として、喉の痛みが現れる方もいます。原因は、ホルモンバランスの変化と言われていますが、こうした場合も、対処法に困ってしまいます。

今回は、妊婦だったころに、喉の痛みに苦しんだ先輩ママに、妊娠中におこる喉の痛みを和らげる方法、薬に頼らずに喉風邪撃退する方法を語ってもらいました。

妊婦の喉の痛みへのホームケア!洗い・うがい・加湿が基本

妊娠すると喉の痛みへの対処次第で赤ちゃんを危険にさらすこともあるため、安易な対処はできません。とはいえかかりつけ医を頻繁に受診するのは面倒。どうにか家庭で安全に対処する方法はないのでしょうか?

はちみつ・生姜・柑橘類など喉に良い食べ物を摂る

はちみつ大根や生姜湯など、日本では喉が痛い時に食べると良い物が色々と知られています。そのため多くの妊婦さんは喉が痛くなると、まず食品で安全に不快感を和らげようとします。

今は市販品でも粉末状のホットレモンや生姜紅茶などが売られているので、調子を崩した時のために、買い置きしておくのも良いでしょう。

妊婦はマスクを着用した方が良い?室内の加湿も大切

マスクを着用している妊婦さん

マスクは喉を加湿してくれるので、妊婦になったら咳が出るときだけでなく喉の痛みがある時にも、ぜひ着用しましょう。加湿器を使って室内の湿度をあげるとより効果的です。

また、妊婦さんは感染を防ぐために、マスクを着用することをおすすめします。通勤等で人込みの多い場所を通る方は、特に気を付けたいところです。

手洗いうがいを徹底する

徹底的に手を洗う妊婦さん

妊婦に限らず基本中の基本ですが、体調を崩さないためにはウイルスを体内にいれないことが大切。そのためには、手洗いとうがいが有効です。

ただし妊婦がヨード液の入ったうがい薬を使うと胎児に影響するリスクがあるため、使用しないようにしましょう。代わりに塩水や緑茶を入れると、うがいの効果がアップします。

妊娠中の喉の痛みの効果的な対処法は?先輩ママの体験談

妊婦だったころ、どのように喉の痛みに対処したのか、教えてもらいました。やっぱり、昔ながらの方法を試して、効果を実感している方が多いようです。

ななみかこ
30歳

喉の痛みにはやっぱり大根のはちみつ漬けです!

大根のはちみつ漬け

私はもともと風邪を引きやすくて、年に数回は熱を出したりするのですが、妊娠期間中はお腹の中にいる赤ちゃんの事も考えて、風邪をひくまいと、いつも以上に体調には気をつけていました。しかし一度だけ、いつもの風邪の引き始めの時と同じような喉の痛みを感じました。

「妊婦は薬を飲んではいけない」とよく聞いていたので、以前病院でもらったトローチや喉スプレーなどもよくないと思い、使用しませんでした。このままでは悪化してしまうと思っていたところ、母が大根のはちみつ漬けを持ってきてくれました。大根は食べずに、汁とはちみつをスプーンで飲みます。大根のエキスが喉の痛みを鎮め、はちみつが潤してくれる感じがしました。1日に何度か飲んでいるうちに、だいぶ痛みが和らぎました。

他にもマスクを常に付けて、喉の保湿を心掛け、喉が渇くとヒリヒリと痛みを感じるので、温かいお茶をこまめに飲むようにしていました。体質によるかもしれませんが、妊娠期間中に、もし喉が痛くなってきたら、この方法を早めに行うことをおススメします

ゆうママ
30代前半

喉も心も和らぐ黒糖しょうが湯!!

黒糖生姜湯

元々、喉や扁桃腺が弱い私は、妊娠中に風邪をひくまいと意識していましたが、そんな思いとは裏腹に喉の痛みがやって来てしまいました。痛みの種類としては、普段と同じような感覚でした。いつもなら気軽に薬やトローチを内服するところですが、やはり気になって使用しませんでした。

気持ちが焦っていた時に、喉の痛みと気持ちを静めてくれたのが、近くのスーパーにあった黒糖しょうが湯です‼味覚としは、しょうがのピリッと感より黒糖の甘いのが強かったです。感覚的には、ばい菌を生姜で殺菌し、黒糖の甘さでのどに潤いが戻ってくるような感じです。

極力喉の痛みを感じないようにするために、マスク、うがいはかかせませんでした。
後はハチミツののど飴。常にポケットに入れて持ち歩いていました!冬は加湿器も1つはあるといいですね。とっても重宝しました。もし喉の痛みがヒドイときはマスクの他に首にタオルを巻いて寝るのもオススメですよ。マフラーだと汗が出た時に冷えて悪化しますから、タオル地がいいです!

ミント
36歳

喉が痛い時には、しょうが湯を飲んでいました。

妊娠期間中に感じた喉の痛みは、妊娠以前と特に変わりなく感じました。トローチは使用していません。喉が痛い時には薬局に売っている、市販のしょうが湯を飲んだりして、乗りきりました。
少しでも薬が入っていそうなものは避け、喉が痛くても我慢していました。のど飴も使用していました。痛くなったその後は、悪化しないように良くなるまでマスクをして過ごしました。痛い時期でも、マスクをしていると痛みが和らいだ気がして、少し楽になりました。

風邪で熱がある時や喉が痛い時には、就寝する時も、マスクを使用していました。風邪をひいていない時もマスクをしていると風邪を防げるため良いと思います。しょうが湯を飲んでゆっくり休み、あまり喉を使わないようにする。マスクを使用すると、悪化を防ぐことが出来ると思います。

ゆずすぅ
26歳

喉の痛みは、はちみつジンジャードリンクがおすすめです!

生姜とはちみつのドリンク

妊娠29週の時に、風邪からくる喉の痛みに悩まされました。妊娠中は特に身体が弱っているのもあるのか、妊娠前と比べて、とても喉の痛みがひどくなったので、妊婦健診の際に先生に相談すると、「トローチなんかは極力使わない方がいいから、つらいかもしれないけど、うがいをして乗り切ってね。」と言われました。
なので、妊娠前から家に常備してあったトローチは使わずに、乗り切ることにしました。

喉の痛みを取るために、毎日うがいをすることを心掛けたり、自力で喉の痛みを和らげる努力をしました。その中でも一番効果があったのは、はちみつジンジャードリンクです。すりおろした生姜を、はちみつをたっぷり溶かしたお湯に入れて飲むドリンクです。
妊娠前に、歌の勉強をしていた時から、喉の風邪を引いてしまった時には毎回必ず飲んでいた、1番効果のあるとっておきのドリンクです。このままでは飲みにくい方もいるかと思いますので、好みでカットしたレモンを入れると、とても美味しく飲めるのでおすすめです。

その後は、とにかく妊娠中は風邪を引くのは禁物ですので、外から帰ってきたら手洗いうがいを欠かさず行いました。そして、外出の際には、マスクは必ずつけました。夫にも風邪の菌を持ち込んでもらわないように、同様に手洗いうがい&マスクをしてもらいました。
そうすると、それ以来一度も風邪を引く事はなく、無事に出産の日を迎える事ができました。

ちーまま
40代前半

ホットレモンときんかんジュースを飲みました。

喉の痛みに利くきんかん

妊娠中に風邪を引いて、喉が痛くなった時、私はホットレモンを、お風呂上がりや寝る前に飲みました。ホットレモンはスーパーに売っているものを、少し濃いめに作って飲みました。喉がヒリヒリしますが、そこは我慢。
きんかんジュースは、実家の母に教えてもらいました。きんかんをよく洗って、半分に切って、お鍋に氷砂糖かお砂糖を少し多めに入れて、煮立てます。少し時間が経つと、きんかんの酸味や味が溶けるので、しばらく放置します。飲む時に少し温めます。体が温まるので、そのまま布団に直行で眠ればバッチリです。

それ以外の時は、市販された風邪薬は、お腹の赤ちゃんに影響がありそうで怖くて飲めないし、トローチは無かったので、ショウガ味ののど飴をちょこちょこ舐めていました。

みゆみ
30代後半

プロポリスと加湿で乗りきりました。

妊娠中は、妊娠前と比べて喉がイガイガしやすかったと思います。抵抗力が落ちているせいか、風邪も引きやすくて大変でした。産婦人科では、漢方やトローチを処方してもらったので、それを使っていました。友人から『プロポリス』が良いと聞き、ネットで購入したプロポリスを飲んでいました。

少し喉が痛いと思ったら、お茶でうがいをしたり、飴をなめるようにしました。普段からうがいと手洗いをしっかりすることにも気を付けていました。寒い季節には、タートルネックの洋服を着て喉を暖めたり、室内に加湿器を置いて、部屋の乾燥を防ぐようにしていました。外出時には、マスクを着用して風邪を防いだり、濡れマスクを使って、喉が潤うように対策していました。

男子ママ
30代前半

ノドの痛みには、マスクとノンシュガーの飴玉

バスタオルを部屋に干す妊婦さん

妊娠してから、咳がひどくなり、喉も痛くて、咳もとまりませんでした。最初は風邪かと思っていましたが、どうやら妊娠喘息でした。夜になると喘息がひどくなるため、咳も頻繁で喉も痛かったです。

妊娠中は薬が飲めないので、まずはノドが乾燥しないように、常にマスクを着用することを心がけました。また喉の痛みにはアメ玉が良いのですが、妊婦なので、カロリーも気になるところでしたので、ノンシュガーの飴玉をなめていました。

部屋の乾燥も気になってましたが、妊娠中だけのために、加湿器を買うのももったいないので、就寝前にバスタオルを暑いお湯で湿らして、部屋に干すことで、湿度をあげたりして、工夫しました。少しずつ、温かい番茶、もちろんノンカフェインのを飲んで、ノドを潤すこともしてました。

なぽりたん
20代後半

のどが痛いときは、紅茶にショウガと、はちみつが合う!!

今、妊娠10ヶ月です。もうそろそろ生まれるので、楽しみなのですが、妊娠3ヶ月の冬に喉の痛みを感じました。病院へ行き、風邪用の薬はもらっていたのですが、運悪くちょうどお正月時期でした。薬は残りわずかにもかかわらず、まだまだ回復しないと思い、「どうしよう…」と思いました。
その時、前働いていた会社の人に「紅茶にショウガとはちみつを入れたら、喉の痛みにきくよ」と言われたことを思い出しました。旦那に「はちみつと紅茶、ショウガ買ってきて」と頼み、作ってもらいました。

飲んだ瞬間、ショウガのピリッとした風味と、紅茶の温かさが、のどに浸みて、いい感じだったのを覚えています。そのおかげか、次の日は喉の調子が良くなっていました。もし妊娠中、喉が痛いときは、是非実践してみて下さい

ひなたママ
30代

喉がイガイガし出したら保湿を心がけました

居間に置いてある加湿器

妊娠してから特に安定期に入るまで、喉に不快感がありました。妊娠前には、感じたことのない、チクチクとした痛みでした。あまり喉に違和感を感じたことがないので、トローチなどは服用しませんでした。喉の痛みを抑えるために、はちみつ入りのシュガーレスののど飴を定期的になめたり、お茶をちょこちょこ飲んで喉を潤しました。

その後は、風邪などを引いたとき、さらに痛みが強くなったので、加湿器を居間に置くようにしました。さらに妊娠中も仕事をしていたので、デスク横に紙でできていて、水の入ったコップに入れておくと保湿してくれる商品も使っていました。

また体を温めて血行を良くすると痛みが和らぐような感じがしたので、しょうが入りの野菜スープを作ったり、飲み物をホットで飲むように心がけました。

りこちゃん
28歳

生姜湯で喉も身体もぽかぽかに。

まな板の上でカットされた生姜"

妊娠以前は部分的にチクチクする痛みでしたが、妊娠期間中は全体がぼんやりと痛くて、すぐに痛みは良くなりませんでした。家に病院処方のトローチがありましたが、薬が含まれているものなので飲まないようにしました。

代わりに、旦那が買ってきてくれた市販の生姜湯を飲んで様子を見ると、一時的ですが喉の痛みが和らぎ、身体も凄く温かくなりました。妊娠中は冷えが大敵ですから、生姜はちょうど良かったと思います。その後は生姜湯だけでなく、焼き物や煮物等色々な料理に生姜を使い、妊娠中の体調管理を心掛けました。

乾燥する季節には、砂糖よりはちみつを使ったレシピで喉の乾燥を防いだり、家の中で加湿器をつけて湿度を高めにしたりという対処法を実践しました。

こたぶ
35歳

塩水うがいに、はちみつ大根。昔からの方法です。

水の入ったコップに塩を入れようとしている

妊娠中の喉の痛みは、妊娠以前の痛みと変わりなかったです。でも、トローチなどは使いませんでした。市販ののど飴はなめました。家にあったイソジンを使ったけど、後から産科の先生に使わないように言われました。イソジンに含まれているヨードがあまり良くないそうです。

その後、喉が痛い時は塩水でうがいしました。大根を1センチ角に切って、瓶に入れて、ハチミツをヒタヒタに入れます。1日置いたらハチミツがサラサラになり、ハチミツ大根の出来上がりです。喉が痛い時はそのハチミツを舐めていました。

あとは、とにかく体を温めるように気を付けました。下半身を冷やさないように、暑い日でもレッグウォーマーで足首を温めたり、エアコンも設定を高めにしました。

ちゃこ
38歳

妊婦喉が痛い時の対策療法

普段から、生理前になると喉がいたくなる体質でした。それは、女性ホルモンの影響だと医者から言われたことがあります。妊娠前に起きた喉の痛みと、妊娠中の痛みは、変わらなかった気がします。

トローチは嫌いで、使っても効果が感じられないので、私は「のどぬーる」をしていました。もしくは、綿棒にコットンを輪ゴムでくくり、うがい薬をつけて、直接、喉にぬっていました。ちょっと、うえっとなるので注意して下さい。でもこの方法は、苦しいですけど効果抜群です。

あとは、うがい薬に塩をいれたり、緑茶でうがいをしていました。紅茶も喉に良いと聞いたことがあるので、熱めの紅茶を時間かけて、ゆっくり飲むようにしていました。普段からマスクは着用するよう心掛けています。

best-products.reviews

https://teplostar.kiev.ua

подробнее