妊娠中に夫婦で読みたい漫画に関する記事

妊娠したら読みたい漫画13選!夫婦で笑って出産を迎えよう

妊娠したら読みたい漫画13選!夫婦で笑って出産を迎えよう

妊娠漫画を夫婦で読んで、妊娠・出産に関する情報を楽しく理解しましょう。命の誕生を描いた感動作や爆笑漫画、妊娠や出産の仕組みが分かる作品や高齢出産のマンガ、妊娠したママの気持ちをパパが理解しやすくなる漫画など、全13選をご紹介します。

ThuexeVipTOP  >  出産  >  妊娠したら読みたい漫画13選!夫婦で笑って出産を迎えよう

妊娠への理解を漫画で楽しく深めよう!笑いや感動が詰まった13選

妊娠中に漫画を上手に活用すると、ママもパパも妊娠出産の仕組みを楽しく理解しやすくなるだけでなく、医療従事者側の目線、リアルな先輩ママとパパの目線、赤ちゃん目線など多角的にリアルな妊娠出産を知ることができます。

また、読書嫌いだけど漫画なら好きというパパは多いので、そういう場合は「これ面白いよ!読んでみて」と気軽に伝えるだけで手に取ってもらえるため、揉めることなく妊婦さんや赤ちゃんへの理解を深めてもらえます。

ときにシリアスに、ときにコミカルに語りかけてくれる妊娠に関する漫画を活用して、つわりや絶対安静を明るく乗り越え、出産や育児について夫婦で学びましょう。

4コマ漫画:妊娠・出産で漫画が役立つ3つの理由

妊娠の漫画の子育て4コマ漫画

妊娠したら必読の漫画2選!プレママ&プレパパにおすすめ

赤ちゃんを計画して授かった夫婦もいれば思わぬ幸運に恵まれた人もいて妊娠の喜びはさまざまですが、妊娠に気付いたパパやママに知ってもらいたいのは、その命の大切さです。

お腹の中に宿った赤ちゃんは生存競争を勝ち抜いてきた奇跡的な存在。赤ちゃん自体の頑張りとパパとママ、そして周りの家族やお医者さん達の手厚いサポートを受けることで、はじめてこの世に生まれてくることができます。
そんな命の不思議を実感したいときにグイグイ読める、感動モノの妊娠漫画をご紹介していきましょう。

コウノトリ

「コウノトリ」表紙

著者:鈴ノ木 ユウ

講談社

562円 + 税

青年誌のモーニングに連載された医療漫画で、テレビドラマ化されたことや文部科学省とのコラボでも話題になった中学生以上の全ての人に必読の作品です。

産婦人科の男性医師を主人公に、1話ごとの短編仕立てで現代社会の抱える妊娠・出産の問題点などを鋭く切り込んでいくストーリー。考えさせられますが、読めば読むほどお腹に宿った我が子への愛しさが溢れます。

http://kc.kodansha.co.jp

透明なゆりかご

「透明なゆりかご」表紙

著者:沖田×華

講談社

429円 + 税

女性誌のKISSに連載された、第42回講談社漫画賞の受賞作。産婦人科に努める看護師を主人公に、さまざまな妊娠・出産のドラマを紹介していきます。

女性である看護師や産婦人科医の葛藤も描かれていて、思わず涙がこぼれることも。2018年7月20日テレビドラマ化の話題の作品ですが、あっさりとした絵柄の漫画もぜひ読んでみてください。

http://kc.kodansha.co.jp

あるあるで笑える!おもしろい妊娠の漫画4選

妊娠・出産に関連する漫画

妊娠中の女性は喜びが多い反面、身体や環境が急激に変化するため不安を感じがちですが、「出産について知れば知るほど怖くなってしまった」といった状態に陥ったら、思いっきり笑い飛ばせる漫画を読んでみましょう。

母になると先の見えない未来をネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかで、自分だけでなくお腹の赤ちゃんや出産後の子供の未来まで変わってしまいます。母親の影響力はそれほどに強い。だからこそママが明るい気持ちでいることはとても大切なのです。

実際に妊娠しているからこそ「あるある!」と共感できるおもしろい妊娠漫画ばかりですので、ぜひあなたのポジティブなマタニティライフに活用してください。

おかあさんまであとすこし!

「おかあさんまであとすこし!」表紙

著者:和田 フミ江

ベネッセコーポレーション

905円(税込)

育児雑誌「たまごクラブ」で連載されたコミックエッセイの単行本です。1話分が2ページと短めなので、テンポよく読めるのも魅力です。

セリフも解説もしっかり詰まっているので、情報量はたっぷりめ。パパの表情や行動がコミカルなうえに、それに対してママが笑えるコメントを寄せているので、思わず顔がにやける面白さです。

http://shop.benesse.ne.jp

うちの子の場合!

「うちの子の場合!」表紙

著者:カフカ ヤマモト 他18名

KADOKAWA

1,200円 + 税

ブログやツイッター、インスタグラムなどで活躍する漫画家やイラストレーター19人が、自身の妊娠や出産のハプニングを面白おかしくつづったエッセイです。

笑えるだけでなく、「みんな違っていいんだ!」という元気をもらえます。自分に似たケースを見つけたら、作家さんのブログもチェックするといいでしょう。

https://www.kadokawa.co.jp

あきらめない!高齢出産のパパとママにおすすめの漫画

今の日本は晩婚化が進んでいて、女性の出産年齢もあがっています。男女を問わず年齢が高くなるほど妊娠しにくくなる傾向があるため、不妊治療に取り組むか悩むカップルも多いですし、実際に不妊治療に通って落ち込んでしまうママも。

そんなときにクスリと笑わせ、赤ちゃんのいる生活に希望を持たせてくれる漫画をご紹介します。もちろん高齢カップルだけでなく、妊娠中の気晴らしが欲しいママにもおすすめです。

セブンティウイザン

「セブンティウイザン」表紙

著者:タイム 涼介

新潮社

626円(税込)

最近は医療の発達で高齢夫妻でも赤ちゃんを持てる可能性が広がっていますが、この漫画は70歳を迎えた夫婦が妊娠し、初めての赤ちゃんを育てるというビックリなストーリー。

落ち着いた妻に対してオロオロしている夫の姿は、リアルに共感できます。出産を通して描かれた夫婦の愛情にも、ホロッとくること間違いなしです。

http://www.shinchosha.co.jp

大変さを理解できる!妻が妊娠した男性におすすめの漫画

最近は「イクメン」として積極的に妻の妊娠や育児にかかわろうとする男性が増えていますが、母親学級を体験してもなかなか妊娠中の女性の状態が掴めずに困っているプレパパも多いです。

そこで「旦那にちっともわかってもらえない!」と悩んでいる女性や、「最近妻の気持ちが分からない」と思う男性に、こんな漫画をおすすめします。笑いながら妊娠中の女性について理解するのに役立ちます。

ヒヤマケンタロウの妊娠

「ヒヤマケンタロウの妊娠」表紙

著者:坂井 恵理

講談社

429円 + 税

この作品は男性が妊娠するという、異色の妊娠・出産漫画です。内容は「男性が妊娠するようになって、10年」で始まる夢のようなお話。

お腹に育つ赤ちゃんに愛情を感じ、妊娠中だというだけで理不尽な目にあう姿は、女性ならリアルに共感できるはず。妊娠中の悩みを分かち合いたい夫も必見です。

http://kc.kodansha.co.jp

つわりを乗り越えよう!アイデア満載の漫画2選

程度の差こそあれ妊娠した多くの女性を悩ませるのがつわりですが、あんまりひどいと妊娠や出産にも後ろ向きになってしまいがちです。

そんな時は実際に妊娠を経験した女性の著者ならではの漫画がおすすめ。つらい時期は漫画を読んでマイナートラブルを克服するヒントを学んでみるのも主婦の知恵です。

ニンプ道

「ニンプ道」表紙

著者:たかはし みき

主婦と生活社

952円 + 税

ほんわかとした絵柄が魅力のイラストレーターが書く、妊娠初期からのコミックエッセイです。初めての赤ちゃんを授かってウキウキする姿と、きついつわりでへこむ様子がリアルに描かれていて共感できます。

つわりの克服だけでなく、妊娠中のグッズやファッションに関する情報も盛りだくさんですので、妊娠中のママには読み応えたっぷりです。

http://www.shufu.co.jp

びっくり妊娠なんとか出産

「びっくり妊娠なんとか出産」表紙

著者:細川 貂々

小学館

419円 + 税

2009年にドラマ化した「ツレがうつになりまして」で、夫婦の愛情を赤裸々に描いた漫画家による、爆笑と感動のおすすめ妊娠・出産コミックエッセイです。

「柿のたね」や「チーズかまぼこ」だけしか食べられない壮絶なつわりを克服した経過や困った逆子に帝王切開、自身のマタニティブルーなど、これから出産を迎える妊婦にとってのためになる実用ネタが満載です。

https://www.shogakukan.co.jp

マタニティブルーの不安を吹き飛ばす漫画

妊娠中の女性はホルモンのバランスが乱れ、些細なことでも涙が出てしまったりイラッとしてしまったり。そういった不安定さは多くの女性が感じるものですが、環境によってはなかなか乗り越えられずにつらい思いをします。

一度ネガティブな気持ちになってしまうと、お医者さんや周りの人のアドバイスも心に入ってこなくなって悪循環に陥りがちですが、客観的に語りかける漫画であれば受け入れやすいという人が多いです。悩んだときにはこちらの漫画もぜひ参考にしてください。

れもん、うむもん!――そして、ママになる――

「れもん、うむもん!――そして、ママになる――」表紙

著者:はるな 檸檬

新潮社

800円 + 税

妊娠や出産、子育てをテーマにした漫画は面白おかしく「出産・子育ては楽しい」と結論づけるものが多いのですが、この漫画は「出産はしんどい」という赤裸々な告白に繋がります。

妊娠中に悩んでしまった女性の多くが感じ、周りにいえないことを代弁してくれるので、読むことで心が癒されます。ぜひパパにも読んで欲しい、おすすめの一冊です。

http://www.shinchosha.co.jp

ブログが人気で書籍化した話題の妊娠漫画

近年雑誌などの紙面ではなく、ブログ連載がもとになって出版に繋がった妊娠出産の漫画も人気があります。「プロではないからこそのリアルがある」と、笑いと共感でスマホユーザーのハートを掴んだ妊娠漫画は、情報を視覚化していてブログよりわかりやすいため、体調が思わしくないときでも読めるのが魅力です。

妊娠をテーマにした漫画にはさまざまな作品がありますが、たくさんの作家さんからヒントをもらって、前向きに出産や子育てに妊娠に向き合っていきましょう。

子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが

「子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが」表紙

著者:EMI

KADOKAWA

1,000円 + 税

月間1000万PVを獲得している話題のブログから、書籍化したコミックエッセイです。妊娠週数ごとに章立てされて物語が進んでいくので、妊娠の解説本としても参考になります。

何より面白いのは女性の「子宮」の擬人化描写でしょう。ママと子宮がオタオタと慌てながら妊娠を進めていく様子は、思わず引き込まれる面白さです。

https://www.kadokawa.co.jp

妊娠の仕組みがよくわかる漫画3選!出産までのためになる情報満載

漫画を含む妊娠・出産の解説本

初めて妊娠したママはもちろんパパも、妊娠の進行や出産のことはわからないことだらけ。双子や逆子など妊娠経過は赤ちゃんごとに違うので、経産婦であってもさまざまな情報は欲しいトコロでしょう。

そんなときには妊娠・出産の仕組みをわかりやすく解説している、こんな漫画はいかがでしょうか?現在妊活中のプレママにもおすすめです。

トリペと 妊婦、はじめました

「トリペと 妊婦、はじめました」表紙

著者:コンドウ アキ

主婦と生活社

1,200円 + 税

リラックマのデザインをした著者が、自身の妊娠・出産を通して記録したコミックエッセイ。絵柄が可愛いらしく誰にとっても読みやすいので、プレゼントするのにもおすすめです。

女性である妊婦目線で書かれていますが、間にちょこちょことご主人のコメントも出てきて、パパでも楽しく妊娠と出産について勉強できます。

http://www.shufu.co.jp

妊婦な日々。~漫画家梅川和実の妊娠体験記~

「妊婦な日々。~漫画家梅川和実の妊娠体験記~」表紙

著者:梅川 和実

一迅社

950円 + 税

作者自身の初めての妊娠・出産をベースに描かれた漫画ですが、獣医資格を持つ漫画家さんなので、妊娠経過や症状の説明が非常にわかりやすく解説書並み。

文字を読むのが苦手なパパやママにおすすめです。トキソプラズマなどについても具体的な説明があるので、ペットを飼っている人も読んでみるといいでしょう。

http://data.ichijinsha.co.jp

マンガ はじめての妊娠・出産 ハッピーガイド

「マンガ はじめての妊娠・出産 ハッピーガイド」表紙

著者:成瀬 瞳

西東社

1,270円 + 税

妊娠の判明から赤ちゃんの月ごとの成長の目安、病院選びから必要なマタニティグッズまで、妊娠と出産に関する情報がまるごと詰まった妊娠漫画です。

出産に関する面倒なお金や手続きなどについても、会話形式で読めるので理解しやすいです。初めてママやパパになる人も経産婦さんも、ぜひ読んでみてください。

http://www.seitosha.co.jp

妊娠中は出産までの道のりも気になりますが、産後の育児についても不安になるママやパパが多いです。けれど出産後は当面ゆっくり漫画を読む時間なんてありませんので、妊娠中に夫婦で育児漫画にも目を通しておきましょう。

初めて赤ちゃんを子育てするママは神経が過敏になってしまいがちですが、育児の先輩ママパパが描いた育児漫画を読むことで、大らかで楽しい育児に繋げやすくなります。

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!