妊娠中の寝汗体験談に関する記事

妊娠中は寝汗がひどいの?いつから?ママ達の対策や体験談

妊娠中は寝汗がひどいの?いつから?ママ達の対策や体験談

妊娠中の寝汗について、いつから?皆同じくらい汗をかいている?対策は?など不安な声も多く聞かれます。妊娠中は基礎体温が高い状態が続くため、寝汗をかきやすくなりますが、服装や室内の温度などの対策し乗り切りましょう。

ThuexeVipTOP  >  出産  >  妊娠中は寝汗がひどいの?いつから?ママ達の対策や体験談

妊娠中に寝汗がひどいのは何故?先輩妊婦さんの汗だく対策体験談

妊娠中のアナタ。これまで経験したことがないほどの寝汗で困っていませんか?たとえば冬で、少しも暑くないのに沢山の汗をかいてしまうなど。どうして妊娠中は寝汗が増えるのでしょう。

こちらでは妊娠中の寝汗の原因冬でも寝汗をかく理由、妊娠中の寝汗におすすめの対策、先輩妊婦さん達の妊娠中の寝汗体験談をご紹介します。

あまりに大量に寝汗をかくと、不快なだけでなく不安に感じることもあるでしょうが、寝汗の理由や対策方法などを知って不安解消に役立ててください。

妊娠中に寝汗が増える主な原因

ひらめいた妊婦

「妊娠してから、突然寝汗をかき出して」という妊婦さんもいるでしょう。今まで寝汗なんてかいたことがなかった場合は特に不安に感じるでしょうが、妊娠中に寝汗が増えるのには原因があるんです。

基礎体温の高さ

基礎体温とホルモン量のグラフ

妊娠すると月経予定日になっても基礎体温が高いまま下がりません。この基礎体温の高さが妊娠初期の寝汗の原因。

女性の体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンによってコントロールされていて、エストロゲンは基礎体温を下げるなど妊娠しやすい体にする働き、プロゲステロンは基礎体温を上げるなど妊娠を継続しやすい体にする働きがあります。(注1)

妊娠可能な女性の場合、通常生理開始日から排卵日(月経開始2週間後)までプロゲステロンの分泌量にさほど変化は見られませんが、エストロゲンの分泌量は増加します。その結果、基礎体温の低い状態が続きます。
ところが排卵後からエストロゲンの分泌量は減少。逆にプロゲステロンの分泌量が増加します。それに伴い基礎体温も上がるのです。

非妊娠時は、月経予定日に近づくとプロゲステロンの分泌量が減るため基礎体温は下がるのですが、妊娠するとホルモンの分泌量が変化します。

妊娠した場合はエストロゲンとプロゲステロンのどちらも分泌量が増加します!そのため基礎体温の高い状態が月経予定日を過ぎても続き、就寝中に寝汗をかきやすくなるのです。

基礎代謝量の増加

人の体は本人が意識しなくても勝手に呼吸をしたり、筋肉や内臓を動かしたり、体温を上げたりして生命を維持しています。これを基礎代謝といいますが、妊娠中や授乳中は基礎代謝が高くなり、多くのエネルギーが必要となるため汗をかきやすくなります。

妊娠初期は23kcal/kgと妊娠初期とあまり変わりませんが、妊娠6ヶ月頃から徐々に高まっていきますので、元々汗かきではなかった人が寝汗をかいても不思議ではありません。心配せずに快適に過ごせる環境作りを心掛けましょう。(注2)

水分摂取量の増加

妊娠するとプロゲステロンの分泌量が増加します。プロゲステロンには体内の水分量を保持する働きがあるため、非妊娠時よりも多くの水分を体内に蓄えることになります。

また便秘がちになるためこまめな水分補給を心がける妊婦さんも増えます。こうした水分摂取量の増加が、妊娠中に寝汗の量が増える一因と考えられています。

脂肪量の増加

妊娠するとhPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)というホルモンが分泌されるようになります。hPLは胎盤で作られて分泌され、胎児の育成や母乳の分泌に重要な働きをしています。妊娠するとhPLの働きにより体内に脂肪を蓄積しやすくなるため、熱を体外に放出しにくくなり、発汗が必要になるのです。

冬の寝汗は寝具や服装も原因に!?

腹巻きや靴下

妊娠すると冬場は「体を冷やさないように」と周囲から声をかけられることもあり、寝具を掛け過ぎたり厚着をしすぎたりする妊婦さんが増えます。寝汗をかいている妊婦さんは、次のような点を再確認してみましょう。

冬場はコレかも!?寝汗の原因チェック

  • 毛布を何枚もかけ過ぎていないか
  • 靴下を履いたままなど厚着で寝ていなか
  • 室温が高過ぎないか

保温効果の高いインナーや腹巻、靴下などで厚着をしたまま寝てしまうと、熱を放出できずに寝汗をかくことがあります。体温が高すぎたり、寝汗をかいたりすることは、睡眠に影響を及ぼす恐れもあるため注意しましょう。

妊娠中の寝汗に!おすすめの対策

通気性の良い服

妊娠中にかく寝汗の量には個人差がありますが、多くても少なくても不快なことには変わりありません。寝汗をかいてしまったあとのケアも大事ですが、寝汗をできるだけかかないようにする対策を講じることも重要です。

寝汗に悩む妊婦さんの多くが実践している対策として、次のものが多く見られました。

通気性のよい服装で寝る

汗をよく吸い取る通気性のよい服装で寝ると、寝汗予防に役立ちます。コットンなどの素材は吸湿性や通気性に優れているため、パジャマや寝る時に着るTシャツなどはそのような素材を選びましょう。オーガニックコットン素材のものは、より肌に優しいので敏感肌の人にもおすすめです。

また妊娠中は夜寝る時に限らず、日中も比較的汗をかきやすいですから、日頃から通気性や吸湿性に着目した服選びを心がけ、お腹を冷やさないように汗をかいたらこまめに着替えましょう。

エアコンなどで室内温度を涼しく保つ

エアコンなどを上手に利用して、室内温度を涼しく保つことも忘れないようにしましょう。せっかく寝る時の服装に気をつけても、室内温度が高ければ寝汗を効果的に予防することはできません。

発汗のほかに血流を増やすことでも体内の熱を逃すことができるのですが、その方法の一つとして肌に直接触れる空気中への放熱が挙げられます。エアコンや扇風機を上手に利用して、快適に寝られる室内環境を作りましょう。

寝る前の水分補給

妊娠中の寝汗対策の体験談を見ると、寝る前に水分補給をすることで寝つきがよくなった、寝汗が減ったという人がいます。

あまりにも寝汗をかくと、就寝中に脱水を起こす恐れもありますので、白湯を飲む習慣をつけるとよいでしょう。ただし飲み過ぎは頻尿や尿漏れの元になるので注意が必要です。

どんな対策をした?妊娠中の寝汗体験談

妊娠中期から後期にかけて汗をかく妊婦

妊娠中の寝汗体験談を募集してみて、多くの妊婦さんが寝汗を経験していることがわかりました。いつから寝汗が出始めたのかが気になるところです。人によって様々ですが、やはり妊娠中期から後期にかけて寝汗に悩まされるケースが多いです。

妊娠中の寝汗対策に効果的だったことやアイテムなども参考にして、あまり神経質にならずにゆったり過ごしましょう。それが妊娠中も質のよい睡眠をとるポイントにもなります。

妊娠初期から

けだまま
30代前半

パジャマの下にタンクトップを着ました

タンクトップ

妊娠中はホルモンバランスのせいなのか、様々な体の変化を感じました。そのひとつが寝汗です。大体妊娠12週くらいからおかしいなと思うことが増えたように覚えています。

最初は寝ている間に少し汗ばむ程度だったのが、夏でもないのにパジャマがぐっしょり濡れてしまうくらいに汗をかくようになっていったんです。特にひどかったのは背中!気持ち悪くて夏用の冷感パッドを出そうかと思ったくらいに汗びっしょりになっていました(身体が冷えすぎたら赤ちゃんに悪いかもと思い実行はしませんでしたが……)

病院には寝汗については相談したことがありません。他に気になる部分が多すぎて相談しそびれているうちに、症状が落ち着いてきてしまった感じです。

私の場合、汗が気になる場合は薄手のパジャマの下にオーガニックコットンのタンクトップを着ていました。よく伸びてお腹が大きくなっても着られそうという理由で無印良品のものです。

汗をかいたらタンクトップだけ替えればよいと思うと気が楽でした。冷感シップを貼って寝てみたこともありますが、すぐに暑くなってしまって意味はなかったようです。

寝汗がひどいとますます寝苦しくなりますし、身体に異常があるのかもと不安かもしれません。でも、大丈夫。そのうち落ち着くはずです。どうしても気になる場合はお医者さんに相談したらきっと楽になりますよ!

ハート
30代後半

朝の着替えと塩枕

妊娠して8週目くらいから、寝汗に悩まされました。この汗は、だんだん春になって暖かくなってきたからかなと思いましたが、今までとは違う汗のかきかたでした。特に下半身が汗臭さも感じるくらいに毎日悩まされていました。

場所が場所だけに先生には相談しづらかったので、相談はせずにいました。妊娠中は代謝が上がると聞いていたので、そのせいだと納得して妊娠中過ごしていました。

下着が気持ち悪いので、毎日朝も新しい下着に着替えていました。夏場はさらに汗と臭いが増してきたので、塩枕を冷凍庫で冷やして、寝るときは欠かさず塩枕で寝ていました。そのおかげで、身体を冷ますことができたし、深い睡眠も取れるようになりました。

寝汗もですが、妊娠中はいままで体験したことのないことが色々あると思います。赤ちゃんがお腹の中で頑張って成長しているから起きていることなんだと、ポジティブにとらえて長いようで短い妊娠生活を楽しんでください。

妊娠中期から

カナリア
30代前半

抱き枕

抱き枕

妊娠7ヶ月頃から寝汗に悩まされました。ちょうど夏になった頃でした。うっすら汗をかくくらいで大量にというわけではないですが、枕がしっとりしていてびっくりしました。首から背中にかけて、とくに寝汗をかいていました。

夏だし、だれでももつ悩みだろうと思ったので、とくに病院には相談しませんでした。ただ、脱水症状にならないように麦茶をこまめにとるようにしました。効果があったのは抱き枕です。真夏には冷房はもちろん使っていましたが、それでも寝づらいときは抱き枕を使って横向きになって寝ていました。

お腹も重くなってきていて仰向けが苦しくなってきていましたし、背中にすーっと風が通るので涼しく感じられました。寝返りもしやすかったですし、シムスの体位もとりやすかったです。ちなみに、抱き枕の両端のボタンを留めれば新生児期の授乳枕としても使えます。

自分に合わなかったのはアイスノンなど冷やすグッズです。冷たすぎてしまい、頭痛の原因になってしまいました。妊娠中はやはり体温が上がるので、水分をとり、自分に合った方法で快適な睡眠をとるようにしてくださいね。

圭ママ
20代後半

エアコンと枕元の体拭きで乗り切った

エアコン

四月に妊娠が発覚した時から体温が普段より一度高い日が続きました。寝汗に悩んだ時期はちょうど夏に差し掛かる妊娠五ヶ月目頃からでした。枕全体とパジャマが湿るぐらいの寝汗量で寝つきが悪くなりました。特に私はおでこと背中、膝裏などが酷かったです。

毎日枕カバーを洗わないといけなかったのでお腹も大きい中しんどかったことを思い出します。寝汗で悩んでいましたが、病院には相談しませんでした。ネットで調べて、妊娠中は体温が高くなることを知ったことや、そこまで重要性を感じなかったからです。

自分なりに行った対策法としては、枕元に体拭きを置いておくこと、布団はなるべく軽いものにしてエアコンで温度調節をすることでした。何だかんだ試すと少しは効果があったように思います。効果がなかった方法は特にありません。

妊娠中は血液量や心拍数も増えますしある程度汗をかくことは仕方ないと思って前向きに過ごすことをおすすめします。

お茶子
30代前半

首に保冷剤を入れたタオルを巻いて冷やしました

妊娠する前まではどちらかというと冷え性で、寝汗もほとんどかかなかったのに妊娠中は凄く寝汗をかきました。特に私の場合は8月が出産予定だったのでお腹が大きくなるに連れて季節も夏に近づいて行くからか凄く汗かきになりました。

つわりが楽になってきた妊娠5ヶ月くらいから寝ていても汗を良くかいていました。妊娠7ヶ月くらいになるとじっとしていても、だらだら汗が出てくるような状態でした。特に頭、首筋の汗が酷かったです。妊娠中は汗かきになるとネットや人からの話で聞いていたのでこんなものかと思い病院には相談しませんでした。

対策としては、首に保冷剤を巻いた冷たいタオルを巻いていました。季節的にも夏でとにかく暑いのでお腹の冷えに気を付けながらエアコンも我慢せずに使っていました。妊娠中は自分でもびっくりするくらい汗かきになって寝汗も凄かったですが、出産後子供が離乳するとまた冷え性に戻りました。

ひどい寝汗で不安に感じている妊婦さんには同じように寝汗がひどかった人もいたんだと思っていただいて、少しでも不安が和らいでくれれば良いです。

ゆりママ
30代前半

綿の肌着やパジャマ

水の入ったコップとポット

妊娠中期ごろ、お腹が大きくなってきた頃から次第に寝汗に悩むようになりました。上の子は冬生まれで、下の子は夏生まれですが、どちらも妊娠中期以降は寝汗ばかりかいていました。

基礎体温が上がるし、便秘がちになるので水分補給も欠かせないので、寝汗は頭や脇、背中、妊婦帯の下などがぐっしょりとひどく、肌着をこまめに取り替えていました。

よくあることと思い、病院に相談はしませんでしたが、寝汗がひどいからといって水分を控えると、血液がドロドロになって浮腫むので、水分補給は心がけ、タオルを引いて、綿100%の肌着やパジャマを着用して寝ていました。

妊娠中から使えるマタニティーパジャマは、出産の入院中に数枚いるので、それを通気性のいいものを選んで寝汗のたびに使っていました。寝汗は程度がひどくなければよくあることなので、無理して水分を控えずに過ごして下さいね。

のり
20代後半

速乾性のある肌着

妊娠20週あたりから寝汗に悩まされました。寝汗の程度は朝起きるとパジャマが肌に張り付くような感覚になるほどでした。特に下半身に汗をかいていました。スネのあたりが冷たく感じるほど汗をかいていて毎日驚いていました。

寝汗をあまりにもかくのでとてもビックリしたのですが、病院に相談しようとは思いませんでした。自分でインターネットを使って調べると妊娠中には良くあることだと分かったので、聞くまででもないかなと思いました。

寝汗の対策としては、速乾性のある肌着を着るようにしていました。夏場の出産だったので出産予定日に近づくほど暑くなって大変でしたが、寝汗を抑えることができなかったので服装で対策していました。

寝汗に悩まされている妊娠さんも多いと思いますが、寝汗をかくのも一時のことなので気にしすぎないことが一番です。

妊娠後期から寝汗をかいた妊婦さん

のんのん
30代後半

エアコンのつけっぱなしと毛布を減らして対応

妊娠後期、だいたい28週目くらいから寝汗がひどい時期がありました。季節は冬になっていて通常であれば寝汗が出にくい時期なのですが、私は夜中に一回は着替えなければいけないほど寝汗をかいた時期がありました。

主に寝汗をかいていたのは背中でした。ただ寝汗については毎日かいているわけではなかったので、特にかかりつけの産婦人科に相談するということはありませんでした。

それまでは毎年冬には羽毛布団と毛布を1枚使用して寝ていたのですが、毛布に関しては使用をやめて羽毛布団1枚のみで寝るようにしていました。すると寝汗はまだ少々あったものの、ひどくて目が覚めるということはなくなりました。

夏場の妊娠時にはあまり寝汗をかかなかったのですが、エアコンの設定温度を高めにしてつけたままにしておけば汗をかくことなく寝られると思いました。
妊娠中の寝汗に関してはお腹に赤ちゃんがいることからかきやすい傾向にあるので、通常よりも薄めに服や布団を使用すべきだと思っています。

あか
34歳

妊娠中の寝汗は、悩まずに先生に相談を!

長男を妊娠して30週を過ぎたあたりから、寝汗に悩まされました。パジャマがびっしょり濡れてしまうくらい寝汗をかくことがあり、背中、脇、太ももなどが特にひどい汗でした。

あまりに寝汗がひどいので、産婦人科の先生に相談したところ、お腹がおおきくなり体温があがっているのと、ホルモンの関係だと言われました。寝汗をかいたら、お腹を冷やさないように必ず着替えることをアドバイスされました。

また寝る前に温かいお湯をコップ1杯飲むと、寝汗をかきにくくなりました。長男の妊娠中は夏、冬限らず、なるべく温かいお湯を飲んでいました。

出産が近づいてくると、体に変化が出て不安になることもあると思いますが、1人で悩まずに産婦人科の先生に相談することをおすすめします。

りんぐママ
40歳前半

寝る前の水分補給で寝汗が減りました

私は妊娠35週目くらいから酷い寝汗に悩まされていました。寝汗はシーツにべったりつき、毎日のようにシーツを洗濯しなくてはならないくらいかいていました。

私は主に首と頭が汗だくになり困っていました。ただ、大したことないと思い、寝汗の悩みは病院には全く相談しませんでした。実際に周りの妊婦友達もみんな同様の症状があったからです。

そんな中で妊娠中に実践して効果的だった寝汗対策は、とにかく寝る前にお水を飲むことでした。意外にも水分補給をきちんとして寝ると、あまり寝汗をかきませんでした。

それからはきちんとお茶や水を飲んで寝るようになりました。ひどい寝汗に不安を感じている妊婦さんは、一度寝る前に水分補給することをお勧めします。

参考文献

  • 注1:
  • 注2:
  • 注3:
  • 「」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

на сайте majbutne.com.ua

profvest.com/2017/12/bit-bery-cash-hyip-otzivi-obzor.html

В интеренете нашел нужный блог на тематику продать отруби.