朝のつわり体験談に関する記事

朝のつわりがひどい時の対策は?先輩ママ達に効いたこと

朝のつわりがひどい時の対策は?先輩ママ達に効いたこと

朝は空腹状態のため、つわりの症状が出やすいです。妊娠中に朝のつわりに苦しんだママ達は「寝る前に食べる」「こまめな水分補給」など色んな対策をとっています。つわり時に朝ごはんを食べて良いか、仕事を休めるかも併せご紹介します。

ThuexeVipTOP  >  出産  >  朝のつわりがひどい時の対策は?先輩ママ達に効いたこと

朝のつわりがひどい!先輩ママたちが実践した対策を教えて!

朝のつわりの問題点の図解

妊娠が判明し喜んだのも束の間、多くの場合妊娠初期にはさっそくつわりが始まります。一日の中でも時間帯によって、つわり症状の程度が異なることも。特に、朝のつわりに苦しむ人は少なくないでしょう。

こちらでは、朝のつわりがひどい理由、朝のつわり時に朝ごはんはNGなのか、先輩ママに聞いた朝のつわり対策、起きられない朝のつわりで仕事が休めるかを見ていきましょう。朝のつわりがひどい妊婦さんに役立つ情報ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

朝のつわりがひどい理由

朝のつわりがつらい理由の図解

英語では午前中に起こるつわりを「morning sickness」ということからもわかるように、朝からつわりに悩まされる妊婦は少なくありませんが、つわりや朝つわりがひどく理由は、まだ明らかになっていません

ただし朝つわりがひどくなったり、空腹時に吐き気に襲われたりする症状は、食べつわりの人に多くられます。通常、前日の晩ごはん時に食べたものは寝ている間に全て消化され、翌朝胃の中は空っぽになっていますので、夜中や朝はお腹が空いている時間。そのため食べつわり症状が起こっているのではないかと考えられます。

朝のつわりに朝ごはんはNG?

つわりを軽減するために朝ごはんを食べる図解

「つわりを誘発するから、朝ごはんは食べないほうが良いのでは?」と思う妊婦もいますが、朝ごはんはできるだけ食べるように心がけましょう。

食べられるなら食べよう!葉酸不足に注意

妊娠中に大事な栄養素の一つに葉酸がありますが、妊娠初期の葉酸不足は胎児の神経管閉鎖障害を引き起こしかねません。子宮内で胎児が成長する初期段階で作られる神経管がしっかり形成されないことから発症する障害ですが、神経管は脳や脊髄のもとになるものですので、きちんと作られないと二分脊椎や無脳症などの障害を引き起こす恐れがあります。(注1)

つわりの苦痛に耐えてまで無理に食べる必要はありませんが、焼きのりなど葉酸の多い食品をプラスした朝食を食べることで、発症リスクを低下できますので、食べれば少し楽になる程度のつわりなら、食べることをおすすめします。

主食とおかず、汁物などバランスのとれた食事メニューが理想的ですが、ひどいつわりでちゃんとした食事がとれない場合は、果物や野菜など食べられるものだけでもかまいません。特に朝はつわりを少しでも和らげるために、食べ物でも飲み物でも何かしら口に入れることが大切です。

食べても繰り返し吐くなら妊娠悪阻かも!?

妊娠悪阻の図解

気持ち悪さで食事がほとんど摂れなかったり、頑張って朝ごはんを食べても繰り返し吐いたりするようなひどいつわりは、妊娠悪阻(にんしんおそ)かもしれません。妊娠悪阻の症状には、主に次のようなものがあります。

  • 繰り返す吐き気や嘔吐で食事が食べられない
  • 大幅な体重減少や脱水
  • 尿量が減り、一日400ml以下
  • 発熱

妊娠悪阻の病状は、基本的に飢餓状態と脱水状態ですので、妊娠悪阻の恐れがある場合は、早めに医師に相談しましょう。妊娠悪阻は医師による適切な治療が必要です。(注2)

朝のつわり対策~先輩ママの体験談

朝のつわり対策の図解

先輩ママたちが試した朝のつわり対策体験談を紹介しましょう。様々な対策をしていますが、何が朝のつわり軽減に効果的なのかは人によって違いますので、自分に合った対策を見つけることが大切です。

寝る前に軽く食べる

晩ごはんをちゃんと食べられても、寝ている間にすっかり消化されて翌朝胃の中には何もない状態になっています。そのため晩ごはん後の寝る前に果物やクッキーなど何か食べられるものを軽くつまむことで、朝のつわり軽減に効果があったという先輩ママが少なくありません。

ぷぅまま
20代後半

朝のつわりに救いのゼリー

つわり中は朝起きると毎日吐き気がして嘔吐していました。ひどくなったのは3ヶ月からで安定期を過ぎたあたりから落ち着きました。

朝起きた時に空腹だとつわりがひどくなると聞いたので、寝る前に軽く食べ物を食べるようにして、起きたら炭酸水を飲むようにしていました。

そして、つわり中はご飯の匂いが受け付けなくなって少し嗅いだだけでも吐き気がするようになっていたので、毎朝ご飯の代わりにゼリーを食べていました。ゼリーはあっさりしていて食べやすくいろんな種類があるので、おすすめです。

栄養が偏るので不安もありましたが、つわり中は食べられる物を食べたらいいと友人から言われたので気にせず食べて、つわりが治まってから栄養を考えたご飯を食べるようにしていました。
つわりが落ち着くと、今度は食欲が湧いて食べ過ぎてしまい体重を抑えるのが大変でした。

現在朝のつわりで苦しんでいる方は、朝から吐き気がして憂鬱になると思いますがあと少しの辛抱です!出来るだけ空腹にならないようにまとめて食べるのではなく、軽食をちょこちょこ挟むのもいいですよ。ゼリーだけでなくつわり中に食べられる物は人それぞれなので、自分が食べられる物を見つけて食べてくださいね。

のんのん
30代後半

朝のつわりを落ち着かせるために夕食をきちんと食べました。

妊娠中は2回とも朝つわりがよく出ました。私はもともと朝に空腹を感じやすいのですが、それがよくなかったようでつわりを悪化させていました。

特にひどかったのは妊娠3か月の頃で起きることができず、食欲もわきませんでした。この朝のつわりに関しては妊娠5か月手前まで続きました。

空腹がつわりを悪化させているのは分かっていたことから夕食は食欲がなくてもきちんと食べるようにし、仮に夜中に空腹で目が覚めたらそのままにせず起きてすぐに食べ、また寝るようにしていました。

朝の空腹はつわりを悪化させるので、たとえ食が細くなっていてもお菓子でもパンでもなんでもいいのでとにかく食べられるものを適度に食べるべきだと思っています。

水分補給・氷を口に入れる

朝のつわりを楽にする対策のイラスト

寄せられた体験談の中には、こまめに水分補給をしたり口に氷を入れたりすると、口の中がすっきりして朝のつわりが和らいだという意見も少なくありませんでした。

ひーまま
34歳

起きたらまず氷を口に入れていました

朝のつわりが始まったのは妊娠3ヶ月の終わり頃でした。仕事はもう辞めていたものの、起きあがるのもキツくて大変でした。食べるのはもちろん出来ず、水分を取ろうにも、吐いてしまい、どうしようかと思っていました。

アイスやゼリーなどもためしましたが、いちばん良かったのはでした。起きてすぐに氷を口に入れておくと、なんだかスッキリしてきたので、他のものも口に入れることができました。

歯磨きもつらかったので、歯磨き前にも氷を口に。お風呂に入る際も氷を口に。もちろん出掛けるときも氷を持ち歩いていました。私の場合かなり後期まで朝の気持ち悪さは続いたのですが、臨月頃には落ち着いてすごせました。

今現在つわりの方、大変な気持ち分かります。少しでも楽になる自分にあった乗り切りかたが見つかるように祈っています。頑張ってください。

こころまま
30歳前半

こまめな水分補給と枕元の食べ物で軽減

水を飲む女性

朝のつわりはとてもつらく、お腹が空いていると吐き気がして気分が悪くなり、トイレに行って吐いていました。朝のつわりがひどくなったのは妊娠3ヶ月頃からです。つわりで気持ち悪くなって吐いてしまうということは妊娠5ヶ月までずっと続きました。

とても辛かったので朝のつわりを和らげるために色々試しましたが、なかでも効果を感じられたことはこまめな水分補給です。それとお腹が少しでも空くと気分が悪くなるため、枕元には常に食べ物を置いて少しずつそれを食べるように心がけました。

朝のつわりに悩んでいる方は、ぜひこまめな水分補給と空腹をさける工夫をされることをお勧めします。個人差はありますがこれで私も少しではありますが症状が軽減されました。

ちぃ
31歳

気持ち悪さは氷を舐めてスッキリ!

朝はとにかく酷い吐き気から1日始まりました。起きがけの口の粘りや、朝御飯の匂い、冬だったので外から来る冷気、全てが吐き気を誘発しました。匂いでも天気でも左右されて、雨の日は頭痛が酷くなり、寝返りを打つのさえしんどかったです。

つわりが始まったのは5週なので、1ヶ月頃から朝から一日中気持ち悪かったのを覚えています。吐き気ばかりで辛いつわりは、安定期も過ぎた6ヶ月まで続きました。

私は旦那に夜の間に大きめのコップに氷を大量に入れて貰って、枕元に置きました。夜中は気持ち悪くて寝られない事が多かったので、冬だったけど冷たい氷を口にいれたら胸がスッキリしていました。起きてから水分や食べ物を口に入れると吐き気がしたため、氷を舐めて水分をちょっとずつ取っていた感じです。

あとは、助産師さんオススメの「ベルガモット」のアロマ液を吸わせたコットンを枕元に置いていました。柑橘系の香りなので、気持ち悪さも軽減しました。小さいコットンでもふんわり香って気も紛れる気がしました。

つわりのしんどさはとてもよくわかります。でも、赤ちゃんが元気な証拠です。何も食べられなくてもお腹の子は元気に育っています。あとは水分を摂る事が一番大事です。水分が摂れなければ点滴に通った方が良いです。つわりは絶対に終わります。ストレスをためずに、病院や周りをしっかり頼ってくださいね。

枕元に食べ物や飲み物を用意

夜につわりで目が覚めた時に、すぐ少し飲んだり食べたりして空腹を紛らせることも効果的な対策の一つです。きちんと体を起こさなくても、スムーズに飲んだり食べたりできるものを用意しておくと良いです。

さとみママ
30代前半

朝のつわり対策

朝おきるとなんとなくムカムカして吐いてしまうことがありました。つわりが始まった妊娠6週ごろから少しずつひどくなり、3カ月ごろがピークでした。

ご飯のたける匂いがダメだったので、主人に朝はパン食にしてもらい、私はイチゴや柑橘類が食べられたので、メニューを別にしていました。夜につわりで目覚めたときに、柑橘系の飲むゼリーを飲んで、空腹感をまぎらわせているとマシでした。

安定期に入るころには落ち着いたので、それまでは果物ばかり食べていました。つわりは人によって様々で、週数によっても変わります。お腹の赤ちゃんのことを考え、いつか終わると信じ、今を乗り切って欲しいです。無理に料理などの家事をしない方が賢明です。

るいママ
30歳

マスクとすっきりのど飴で朝のつわり撃退!

のど飴

私のつわりは朝起きた瞬間から吐き気がひどく、生唾が勝手に溢れだすほとでした。つわり自体は2ヶ月頃から出始めましたが、朝ひどくなり始めたのはその約1ヶ月後でした。朝つわりは妊娠後期まで続いたのでとても辛かったのを覚えています。

朝目覚めた瞬間から空腹からなのか原因ははっきり分かりませんでしたが、気持ち悪くなるので常に飲み物など口にできるものを枕元に準備して置いていました。
飲み物は起き上がるのもしんどい時があったので、ペットボトルにストロー付きの蓋を付け替えて寝た状態でも飲めるようにしておきました。

また、朝食やお弁当を作らないといけなかったので、マスクをして匂いを抑えて口の中がすっきりする飴を食べて乗り切っていました。

人それぞれ、つわりのタイミングや口にできる食べ物も違いますが色々実践して少しでもつわりが和らぐ方法を見つけられるといいですね。

その他の朝つわり対策

その他にも、朝のつわり対策には色々なものがあります。

まつあい
29歳

ゆっくり起き上がり、つわり解消

私は朝のつわりがひどく、気持ち悪いのはもちろん、元からの低血圧のため目眩や頭痛に悩まされました。特に3ヶ月から6ヶ月にかけて一番酷く、布団から起き上がるとフラフラしながらトイレに行き、嘔吐してしまう毎日でした。

妊婦健診の際、あまりにもつわりが酷く、朝の生活に支障が出ているためどうしたら良いかと相談しました。すると、朝起きたらすぐに起き上がらず、しばらく横になって血圧を安定させてからゆっくりと起き上がると良いとアドバイスを頂きました。

その通りにしてみると、気持ち悪いのは若干有りましたが、嘔吐することは無くなりました。朝起きた時からのつわりはとても不快感があると思いますが、元から血圧が低い方はゆっくり布団から起き上がってみてください。

あおい
30代前半

朝つらい時は気分転換

毎日ではありませんでしたが、朝起きると頭や体が重くて気持ち悪いのがひどくて困っていました。もどすまでではないけれど頭がボーッとしてムカムカする感じでした。

ひどくなってきたのは、大体ですが妊娠6ヶ月頃くらいからだったと思います。その後ずっと続いて、出産まで治りませんでした。お腹が大きくなるにつれて少しずつ少しずつひどくなっていったように思います。

気持ち悪い原因がわからなかったので、あまり満腹にしすぎない程度にちょこちょこご飯やおやつを食べたり、水分も定期的にとってみたりしました。朝辛くても仕事があったので、とりあえず一旦起きてクッキーやビスケットなど軽いものを食べて、身支度をしたり上の子供の世話をしたりと何かと忙しくしていると紛れました。

その時その時は辛いし大変で嫌にもなりますが、期間限定の事だし、後になればいい思い出になって子供に話せるようにもなると思うのでみなさん頑張ってください。

はねママ
30代前半

朝のつわりが辛い時、私が試した色々なことと最終決断!

私が1番辛かったのは朝の吐きづわりで、吐いてばかりいました。妊娠2ヶ月の頃から始まり、安定期に入る頃にじわりじわりと少しずつ落ち着いていきました。それでも出産を終えるまでは、全く吐かなくなることはありませんでした。

つわりを和らげるために色々試し、消化の良いメニューで食べられそうと思った量だけを食べる、友達が妊娠中に唯一食べられたと聞いたものを試す、おかゆや赤ちゃんの離乳食(ペースト食)まで試みましたが、結局1番効果を感じたのは食べないことでした。

24時間車酔いのように具合が悪く、それが高まって吐くことは辛くて恐怖でしかなく、吐かないためにできることが食べないことしかありませんでした。結局は、食べなくても吐いたのですが、吐く回数が激減したので、楽になりました。

体に必要なものは点滴で補い、医師の指導をきちんと聞いたので、不安はありませんでした。つわりで辛い時に私が1番励まされたのは、先輩ママから聞いた「必ず終わりが来るから」という言葉でした。

そして、お医師からは「つわりが酷いのは赤ちゃんが元気に育っているという証拠であることが多い」と教えてもらい、それを励みに時が経つのをじっと耐えました。

時には腹が立つ程辛かったり、なんでこんなに辛いんだと泣きたくなったりすることもあるでしょう。でもそれも必ず終わりが来ます。赤ちゃんに会えることを楽しみにして、とにかく耐えるのみです!頑張って下さい!

起きられない朝のつわりで仕事は休める?

朝のつわりで会社を休む手続きの図解

朝のひどいつわりで起きられないこともあるでしょう。産休に入るギリギリまで仕事を続けることも珍しくないため、朝のつわりに苦しみながらも仕事に行く経験をした先輩妊婦さんは少なくありません。

働いている女性がひどいつわりで医師から指導を受けた場合、会社が休暇制度を設けていなくても法的に休みを取ることが可能です。申請があった場合、会社側はこれを拒むことができません。ひどいときは医師からの指導があった旨を会社に伝えて休みを取り、無理をしないようにしましょう。

もし会社に伝えづらい場合は、主治医に母性健康管理指導事項連絡カードを記入してもらって提出しましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードとは?

働く女性が医師から通勤緩和や休憩などの指導を受けた際に、その指導内容が事業主に的確に伝わるようにするものです。妊婦からこのカードを渡された場合、会社側は記載内容に応じた適切な措置を講じなければいけません。
会社に伝えづらい場合は予め厚生労働省のホームページからダウンロードして印刷しておき、病院を受診する際に持参するとよいでしょう。(注3、注4)

つわりのピークは仕事を続けたい、迷惑をかけられないなどの理由から無理をする女性も多いのですが、つわりの時期は無理をすることでかえって職場の人達に迷惑をかけてしまうこともありますので、無理のない範囲で仕事をしながら朝のつわりを乗り切りましょう。

参考文献

  • 注1:
  • 注2:
  • 注3:
  • 注4:
https://mitsubishi.niko.ua

www.profvest.com/2015/05/individualniy-invest-schet-iis.html

all-diplomz.com