授乳中のインフルエンザ予防接種に関する記事

授乳中のインフルエンザ予防接種の安全性/母乳に影響は?

授乳中のインフルエンザ予防接種の安全性/母乳に影響は?

授乳中はインフルエンザ予防接種が効果的!怖い感染症から自分と赤ちゃんを守る、感染症予防のポイントについて解説します。

ThuexeVipTOP  >  出産  >  授乳中のインフルエンザ予防接種の安全性/母乳に影響は?

授乳中にインフルエンザ予防接種はOK?子供への影響は?

気温が下がり空気が乾燥する秋冬は、毎年インフルエンザが猛威を振るいます。産後は赤ちゃんの感染予防対策を意識しますが、母乳による赤ちゃんへの影響を考えて、「授乳中にインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫かな?」と不安を覚えるママは少なくありません。

そこでこちらでは、母親として熟知しておきたい授乳中のインフルエンザの予防接種のメリットと、ワクチンが母乳や赤ちゃんに与える影響について詳しくご紹介します。

授乳中はインフルエンザの感染リスクが高いってホント?

インフルエンザについて説明する医者

授乳中のママは妊婦同様に、通常よりもインフルエンザにかかりやすいです。

子供が赤ちゃんのうちは夜中のお世話や授乳などで睡眠不足になりやすいうえに、授乳で体は想像以上に疲労しています。しかも授乳期は出産の影響によって体力が低下している時期でもありますので、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすいのです。

インフルエンザは感染者の咳やクシャミなどの飛沫によって広まる感染症で、例年12月から流行し始め、2月にピークを迎え、4月にようやく終息を迎えます。感染力が強いうえに流行期間が長く、毎年体力のない高齢者を中心に重症化する方も多い、非常に怖い感染症ですので、授乳中もしっかりと予防対策を行いましょう。

インフルエンザの特徴

・潜伏期間は1~3日
・主に飛沫感染で感染し、感染力が高い
・症状は38℃以上の高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状

予防接種の効果

病院にある注射器

感染症を予防するワクチンとは、病原体の毒性を無毒化または弱めた薬のことです。ワクチンを皮下注射や経口で接種することで、体内でその感染症への免疫を作り感染を防いだり、重症化を防いだりすることができます。

「インフルエンザワクチンを打っても意味がない!接種しても感染した人がいる」と、効果について誤解している人もいますが、現在使われているインフルエンザワクチンは病気を完全に防げるものではなく、発症リスクや命に関わる重症化リスクを下げるもの。

インフルエンザワクチンのメリットは、病気の予防よりも症状の重篤化を防ぐ効果の高さにあり、予防接種をすることでインフルエンザにかかっても高熱などの症状を緩和したり、インフルエンザ脳症など怖い合併症を予防したりと、健康被害を最小限に抑えられることにこそあるのです。

ワクチンの効果は、予防接種をしなかった場合に起こる危険をどのくらい減らすことができるかという有効率で示されます。世界保健機関(WHO)によると現在65歳未満の成人の発病に対する有効率は79~90%生後6ヶ月以上の2回接種の小児には82%の効果があります。

授乳中のママは症状が重症化しやすい傾向にあります。育児中は赤ちゃんに受けさせたい予防接種が複数あって大変なのですが、ママのインフルエンザの予防接種についてもしっかりとチェックして予防接種を受けることが、結果的には育児負担を減らすことにも繋がります。

授乳中のインフルエンザ予防接種は母乳に影響する?

インフルエンザの予防接種について調べる母親

現在使われているワクチンには病原性を弱めた生ワクチンと、病原性を失くした不活性化ワクチンがありますが、日本ではインフルエンザワクチンは皮下注射による不活性化ワクチンを利用しています。

不活性化ワクチンは接種しても病気が引き起こされることはまずありませんから、感染リスクの高い授乳中のママでも安心して接種を受けることができます。

日本では、世界保健機関(WHO)が推奨したウイルス株を参考にして、インフルエンザA型とB型の混合ワクチンを作っているのですが、不活化ワクチンで作られるIgG抗体は特異性が高いので、別の型には効かない傾向があります。
しかし感染自体は防げなくても症状を軽くする効果は期待できますので、重症化のリスクが高い授乳中のママこそ、積極的に予防接種を受ける必要があるのです。

生ワクチンと不活性化ワクチンの相違点

生ワクチンは、病原性を弱くしたあるいは無くした病原体を使ったワクチンです。生体内での病原体が増殖することで、長期間完成予防の効果が期待でき、経口感染の場合は経口摂取するなど、感染の際の病原体の侵入経路と同じ取り込み方で接種することで、感染部位で働く抗体ができるため、感染予防に効果が高いとされていますが、全身症状の副作用が現れるケースもあります。

一方、不活性化ワクチンは病原体そのものでなく、抗原を注射等により投与するワクチンで、抗体は自然排出されるので、季節ごとのワクチン接種が必要になります。
血中に直接投与するなど、病原体の侵入経路と一致しないことが多いので、感染を防ぐ効果は生ワクチンほど期待できませんが、血中に抗体ができるので症状を軽くする効果が高いとされています。接種部位の腫れなどの局所的な副作用が現れることもあります。

ワクチンは母乳や赤ちゃんに影響はありません

不活化ワクチンは、インフルエンザウイルスを殺して病原菌をなくしたウイルスによって作られるため、生ワクチンと違って体内でウイルスが増えることはありません

ワクチンは接種を受けたママの身体にしか有効ではなく、授乳中にインフルエンザの予防接種を受けても、母乳に影響が出たり、赤ちゃんにウイルスが伝搬したりといった心配はないので、皆さん安心して予防接種を受けることができます。

インフルエンザの予防接種を控えたほうがよい場合

・37.5℃を超える明らかな発熱がある
・服薬が必要な重篤な急性疾患にかかっている
・自分もしくは家族に卵アレルギーの人がいる
・以前インフルエンザワクチンによって発汗・顔が急にはれる・全身にひどい蕁麻疹出現・吐き気・嘔吐・呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こしたことがある
・医師から止められている場合

インフルエンザワクチンを予防接種できないママも、接種したママも、授乳中に感染した際の母乳育児の継続方法やタミフルなどの抗インフルエンザ薬については、予め確認しておきましょう。

授乳中に予防接種を受けるメリット

赤ちゃんおむつの接写画像

インフルエンザは感染者の咳などの飛沫やウイルスがついた箇所への接触により感染することが多いのですが、赤ちゃんはママの顔の近くで母乳を飲みますので、授乳中は赤ちゃんへの二次感染が極めて起こりやすい状態となります。

赤ちゃんに予防接種ができないわけではないのですが、1歳未満の赤ちゃんに摂取できる予防接種はワクチンの量が少なく、大人よりも効果が出ない傾向にありますので、赤ちゃんへはインフルエンザウイルスを近づけないことが一番の予防措置と言えます。

1歳未満の赤ちゃんはインフルエンザに感染すると重症化して命を落とすリスクが高いため、健康な大人と同じように考えるのは危険!特に低月齢の場合、即入院になることも少なくないため注意が必要です。

赤ちゃんはミルクからしか栄養を補給できず、オムツの交換など大人による衛生面のケアが必要で、生活の多くをママに依存していますので、ママがインフルエンザに倒れてしまったら、赤ちゃんの生活に支障をきたしてしまいます。

パパや他の家族がママの代わりをすることになると、仕事を休むなど家族にも無理がかかってしまいますし、高齢者もインフルエンザが重症化して命を落とすリスクが高いため、現実的には実家に頼ることができない家庭も多いんです。

家族の生活を支えているのはママの元気。ママの笑顔は赤ちゃんが健やかに育つ栄養のひとつ。つまり授乳中は予防接種たった1本に、自分自身だけでなく家族の健康や命、笑顔を守れる大きなメリットがあるのです。

予防接種を受けられる時期は?

インフルエンザかどうかの症状を探る医師

インフルエンザの予防接種は、発熱などの体調不良が見られなければ誰でも受けることができますので、授乳中のママでも赤ちゃんの月齢にかかわらず受けることができます。
ただし、産後1ヵ月以内のママは出産による体力低下が著しいので、原則的には産後1ヵ月検診で問題がなく、体調を見たうえで医師が接種の可否を判断するのが一般的です。

ワクチンの効果が出るまでには2週間程度かかるので、予防接種はインフルエンザが身近で流行し始めたときではなく、12月中旬までを目安に計画的に受けるとよいでしょう。
インフルエンザの予防接種は、通常4週間前後の期間を開けて2回接種をしますが、授乳中の場合は1回のみの接種となります。接種は任意で医療機関に申し込むと受けることができますが、申し込みの時には必ず授乳中であることを医師に相談してくださいね。

日常の予防対策も続けましょう

風邪をひいてマスクをする働く母親

インフルエンザの予防接種は症状の緩和や重症化を防ぐ効果は高いのですが、接種をしてから2週間ほどたたないと効果を発揮しません。インフルエンザの潜伏期間は1~3日です。せっかく接種しても既にインフルエンザにかかっていたのでは元も子もありませんから、予防接種だけでなくうがいや手洗いなどの基本的な感染症予防対策もしっかり続けていきましょう。

インフルエンザに感染するかどうかは本人の病気に対する抵抗力や体力にかかっていますから、インフルエンザを予防するためには、ウイルスに負けない健康な体を作ることも大切です。
授乳中は、母乳を作るために多くの栄養とカロリーを必要とする時期でもありますので、バランスの良い食事と適度な運動、そしてたっぷりの休息をとることを心掛けて、体の中からウイルスをノックアウトしましょう。

ワクチン以外の予防対策

・外出の際にはマスクをしましょう
・外出先から帰ったら、手洗いとうがいをしましょう
・加湿器などを使い、室内の空気の乾燥を防ぎましょう
・できるだけ人混みは避け、電車やバスなどの公共交通機関は込む時間帯は避けて利用しましょう
・ドアノブなどの人の手にふれる部分はこまめに拭き掃除をして、除菌しましょう
・バランスの良い食事をとり、適度に運動をして免疫力を高めましょう
・十分な休息をとり、体力を温存しましょう

予防接種を受けても赤ちゃんの抵抗力は変わりません

インフルエンザの予防接種はメリットが高く、授乳中でもママが予防接種を受けておくことでママの健康被害や赤ちゃんへの二次感染のリスクを少なくすることはできますが、効果は100%ではありません
予防接種の効果は母乳を通して赤ちゃんに影響を与えることはなく、赤ちゃん自身は免疫力が低く、感染症リスクが高いことに変わりはありませんので、油断せず赤ちゃんのへのインフルエンザ対策はしっかり続けていきましょう。

外出から帰った時のうがいと手洗いは、感染症対策の基本であってとても効果が高い方法です。ママは予防接種で自分の身体と赤ちゃんをガード、プラスして赤ちゃんの身近にインフルエンザウイルスを持ち込まない努力をして、親子で安全に冬の期間を乗り切りましょう。

この記事と関連性の高い記事

リンク rikon-ya.com

www.kapli.kiev.ua

renesans-centr.kiev.ua/