赤ちゃんにマスクは必要?に関する記事

赤ちゃんにマスクは危険!?いつからOK?おすすめ代用グッズ

赤ちゃんにマスクは危険!?いつからOK?おすすめ代用グッズ

「赤ちゃんにマスクを着用させて、風邪・花粉・PM2.5から守ってあげたい」と考えているママパパ必読!こちらでは赤ちゃんはいつからマスクを使えるのかをはじめ、マスクの代用品やマスク代わりの予防策、嫌がる際の対応策などを詳しくご紹介します。

ThuexeVipTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんにマスクは危険!?いつからOK?おすすめ代用グッズ

赤ちゃんはマスクを使えない!?おすすめの代用品や乳児の予防方法

子供用マスク

インフルエンザや風邪、花粉症やPM2.5などの対策に必須アイテムのマスクを、赤ちゃんにも使用させたいパパママは少なくありません。

その反面、街中で見かける赤ちゃんのマスク姿に心配の声も上がっています。

HPに赤ちゃん用マスクと記されている「はじめてマスク」、キャラクターがプリントされた「ちいさな立体マスク」なども販売されていますが、赤ちゃんへのマスク使用には本当に窒息の恐れはないのでしょうか?
インフルエンザなどの風邪・花粉・PM2.5対策は、安全性を重視して行いましょう。

赤ちゃんはいつからマスクを使える?

マスクを手に持つ幼児

自分の意志でマスクを外せない赤ちゃんや幼児にマスクをつけるのは危険です。

6ヶ月健診で顔のガーゼを外せるかのチェックがありますが、マスクはガーゼと違いゴムや紐がついているため、1歳6ヶ月未満の赤ちゃんや幼児では自分の意志で上手く外せません。しかも赤ちゃんは鼻水や鼻づまりになりやすく、呼吸が苦しくなりやすいのです。

赤ちゃんに使用しているご家庭もありますが、吐き戻しなどで呼吸が困難になる危険性あることを知っておきましょう。

マスクは子供が自分の意志で自由に着脱できるようになってから使用しましょう。また1歳半以上の幼児であっても吐き戻しで呼吸困難になる危険性はありますので、着用時は大人が目を離さないようにしましょう。呼吸器に異常がある場合や就寝時の使用もやめましょう。

就寝中のマスク使用は大人でも呼吸の妨げになります。

赤ちゃんの頃はもちろん、幼児になっても子供は大人が気づかないうちに寝てしまうことがあります。マスクを着用させる際は寝る時はマスクを外すように教え、それでも着用したまま寝そうになったら大人が外してあげましょう。

使い捨て「はじめてマスク」も1歳半頃~

ピジョンから発売されている「はじめてマスク」は、平成30年4月時点でもっとも低年齢から使用できる市販の使い捨てドーム型マスク。通常の立体マスクよりもドーム部分が広く、ノンワイヤーで軟らかい素材のため不快感は少ない構造になっています。

ピジョンのHPでは、はじめてマスクを「1才半からの赤ちゃん用マスク」と紹介しているため、赤ちゃんに使えると誤解してしまう人もいますが、一般的に「赤ちゃん=乳児」。つまり満1歳のお誕生日前の乳児が赤ちゃん、満1歳以降は幼児です。

ピジョンでは1歳半未満の使用を避けるようにパッケージに記載してお知らせしています。

マスク代わり!赤ちゃんへの代用品

赤ちゃんへのマスク使用が危険とはいえ、スーパーなどの人混みに出掛ける際や花粉・PM2.5が多い日のお出掛けとなると、無防備では不安になるママも少なくありません。

そこで知っておきたいのが、赤ちゃんのマスク代わりとして役立つ代用品です。

抱っこ紐専用フードカバー

抱っこ紐専用フードカバーを外した状態で抱っこされている赤ちゃん

抱っこ紐専用フードカバーは、抱っこ紐で抱かれた赤ちゃんの頭を布で覆うことができる商品。そのため咳やくしゃみの付着による飛沫感染、髪につく花粉やPM2.5から赤ちゃんを守る効果が期待できます。

ただし抱っこ紐から出ている手はカバーされませんので、飛沫が付着した手を舐めてしまえば風邪に感染してしまう可能はあります。また空気感染を防ぐ効果はありません。

抱っこ紐用フード付きケープ

抱っこ紐用フード付きケープは、頭の先から体全体を覆うことができる商品です。期待できるマスク代わりの効果は抱っこ紐専用フードカバー同じですが、髪だけでなく全身を飛沫や花粉、PM2.5から守れます。

春先や秋口は薄い生地、冬場はダウンと雨風や防寒対策にもなるためおすすめです。

ママコート

ママコートも赤ちゃんを覆うことができる商品。そのため飛沫や花粉・PM2.5から守ることができるマスクの代用品になります。

ただし髪の毛はノーマークになってしまうため、帽子を被せて外出すると安心です。帰宅後は帽子を外して洗濯するだけで、着替えの必要もありません。

ベビーカー用カバー

ベビーカー用レインカバーとは、ベビーカー全体を覆うことができるビニール製のカバーのことです。ベビーカーに座っている赤ちゃんを飛沫・花粉・PM2.5などからガードできます。

抗ウイルス性の商品も販売されていますので、お出かけの際は活用しましょう。

予防接種のワクチン

母子手帳の予防接種ページ

マスクや他の代用品よりも感染症への高い効果が高いのが、予防接種のワクチンです。特定の感染症を防いだり重症化を回避したりする効果が高いだけでその他の風邪には効きませんが、目に見えないバリアのように赤ちゃんを守ってくれます。

現代の育児の常識となっている予防接種。昔と違って今は定期接種だけでなく、任意接種も受けさせるご家庭が増えています。

兄弟が増えると忙しくて後回しにしがちですが、アプリを使用したり小児科に相談したりして、接種期間が始まったら早めに受けさせるようにしましょう。

予防接種スケジューラー
「予防接種スケジューラー」アプリのアイコン

小児科医が推奨する定番アプリです。ワクチン接種の年齢・回数・詳細説明が表示されるだけではなく、事前に通知が来るので接種忘れを防止できます。「兄弟分も簡単な切り替え画面で同時管理ができる!」と先輩ママからも好評です。

赤ちゃんにマスクを使う必要性

赤ちゃん

マスクは咳エチケット、つまり周囲に風邪をうつさないことが目的で使用する物です。

大人が期待する細かいウイルスや細菌、真菌への感染を防ぐ効果はそれほど期待できません。しかも呼吸困難の危険性が伴うため、赤ちゃんにマスクを使う必要性はありません

国民生活センターも「ウイルス99.9%とうたったマスクが多く販売されているが、顔とマスクの隙間からの平均漏れ率は40%以上。健康な人が不織布製マスクで完全に飛沫を吸い込まないことはできない。」と公表。漏れ率が低いマスクの息苦しさも指摘しています。

また空気感染率は屋外でほぼ0%であるのに対し、屋内では人口密度が高いほど高まります。マスクには飛沫感染から防ぐ効果しか期待できない、つまり赤ちゃんや幼児の風邪予防にはそれほど効果がないことを理解しておきましょう。

外出時に無理にマスクを着けて泣かせることで免疫力を下げてしまうより、家族が感染しない方が赤ちゃんや幼児への風邪予防効果は高くなります!

花粉・ハウスダスト・PM2.5といった粒子の大きなものを吸い込むことを防ぎたい場合も、効果は完全ではありません。赤ちゃんや小さな幼児に使用する際の危険性は、PM2.5から守ることが目的であっても風邪予防に使用するのと同じです。

花粉やPM2.5が気になる時期は、雨上がりで空気がきれいになったばかりの時を選んで散歩をする、室内に遊びに行くなどの対策を取りましょう。

マスク以外の赤ちゃんの風邪予防の方法

政府広報オンラインでは、インフルエンザの予防方法として次の5つを挙げています。

  • 手洗い
  • 日常の健康管理
  • 予防接種
  • 保湿
  • 外出を控える

とはいえ風邪の流行期に室内に閉じこもりっきりでは、ママも赤ちゃんもストレスが溜ります。マスクで赤ちゃんの風邪予防をしたい時期は、ネットスーパーなどを利用して屋内や人ごみを避け、屋外に散歩に行くとよいでしょう。

手洗いが難しい低月齢の赤ちゃんには、口に入れても大丈夫な消毒ジェルの使用を薦める小児科医もいます。

また赤ちゃんは手やおもちゃを舐めてしまうことが多いので、日頃からアルコール水(水110ml:アルコール90ml)を使用して、ドア・壁・おもちゃ・ぬいぐるみなど室内を除菌し、手や口にウイルスや細菌を入れてしまわないように清潔に保ちましょう。

マスクを嫌がる幼児への対策法

立体マスクでエチケットを守る子供

赤ちゃんが大きくなると、発熱がなく咳だけの場合などは幼稚園や保育園に通わせるご家庭が多いです。そうなると咳エチケットとしてのマスク着用が幼児にも必須になります。

ところがマスクは息苦しく、すぐに濡れてしまうなどの理由から、幼児が嫌がって着用しないことが多いです。そんな時は次のような対策をしましょう。

  • ゴム紐を緩める
  • 好きなキャラクターや可愛い絵柄のマスクにする
  • 立体マスクにする
  • マスクを付ける理由を子供に話す

入園前の幼児には口に布が当たらない「はじめてマスク」や2歳頃から使用できる「立体マスク」がおすすめです。

可愛い柄の幼児用マスク

また入園後も、幼児は好きな物だとテンションが上がって我慢しやすくなるため、好きな柄やキャラクターがプリントされたマスクもよいでしょう。

マスクを手作りすれば、子供にピッタリのサイズで使いやすい工夫をしたものを作ってあげることもできます。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

ссылка gefest-sv.kiev.ua

mitsubishi.niko.ua/model/lancer/

Наш авторитетный портал с информацией про разработка интернет магазин https://webterra.com.ua/razrabotka-internet-magazina/